logo

オムロン ねむり時間計 HSL-003T (5/26発売)、  温湿度センサー搭載 HSL-004T (6/20発売)

オムロンヘルスケア株式会社 2016年05月12日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月12日

オムロン ヘルスケア株式会社

スムーズな寝つきをサポートする
「呼吸トレーニング」メニューをアプリに搭載
オムロン ねむり時間計 HSL-003T
-寝つきから目覚めまでをサポート、5月26日発売。
温湿度センサーを搭載した HSL-004T は6月20日発売-

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)は、より良い眠りをサポートする ねむり時間計の新商品として、「オムロン ねむり時間計 HSL-003T」(以下HSL-003T)を、5月26日から発売します。同時に、スムーズな寝付きを促す「呼吸トレーニング」メニューを搭載したスマートフォン用アプリ「ねむり時間計」※1をリリースします。また、温湿度センサーにより、寝室の温度や湿度、寝室環境が快適かどうかをアプリ上で確認できる「オムロン ねむり時間計 HSL-004T」(以下HSL-004T)も、6月20日より一部販売店にて発売します。

■メーカー希望小売価格/販売目標(発売後1年間)
HSL-003T…オープン価格/54,000台
HSL-004T…オープン価格/30,000台

働く女性が抱える健康課題に関する調査によると、近年、働く女性が増える一方で、約9割が日頃から疲労を感じていて、その疲労の主な原因として約6割が「睡眠不足」と回答しています※2。また、寝つきの状態に関する調査によると、夜寝る時に「なかなか寝つかれない」「なかなか寝つかれないことがある」と回答した方は、約5割にのぼり、何かしら寝つきに関して悩みを抱えている人が多いことがわかりました※3。

このたび発売する「HSL-003T」と、スマートフォン用アプリ「ねむり時間計」は、アプリに搭載された「呼吸トレーニング」メニューにより、副交感神経を優位の状態にすることで就寝前のリラックスを促し、よりスムーズな寝つきをサポートします。ヨガインストラクターの椎名(しいな)慶子(よしこ)先生に監修いただいた3種類の呼吸トレーニング「完全呼吸法(ゆったりと、深い呼吸でリラクゼーションを促す、呼吸トレーニングの基本となる呼吸法。約3分)」、「ソーハム呼吸法(脳をリラックスさせるための呼吸法。約2分)」「カウント呼吸法(脳をクールダウンさせるリラックスをもたらす呼吸法。約2分)」から、お好きな呼吸法を選び、音声ガイダンスにあわせて呼吸を行うことで、体をリラックスさせる副交感神経を優位にし、スムーズな寝つきを促します。
また、アラーム設定時間から30分前※4までの間で、体動を検知し、体が起き出したタイミングでアラームを鳴らす「スッキリアラーム機能」も搭載。アラーム音は本体だけでなく、スマートフォンからお好きな音楽を選んで鳴らすことも可能です。

さらに、測定したデータをアプリに転送することで、1週間分のデータを「睡眠時間」「おはよう時刻」「おやすみ時刻」「寝つき時間」「起床にかかった時間」の5つの指標で評価し、「夜更かし型」「朝寝坊型」といった眠りの特徴を、9種類の動物に例えて判定。それぞれの特徴にあったアドバイスをお知らせします。週単位だけでなく、日単位、月単位でもデータを管理できるので、ご自身の眠りの傾向や変化が簡単に分かります。色は、ピンク、パープル、グリーンの3色をご用意しました。

また、温湿度センサーを内蔵し、寝室の温度や湿度、寝室環境が快適かどうかをアプリ上で確認できるHSL-004Tも一部販売店にて6月20日より発売します。睡眠状態と寝室環境を併せてチェックすることで、より良い眠りをサポートします。色は、レッド、ブルーの2色をご用意しました。

※1 App StoreやGoogle PLAY上でダウンロードが可能
※2 2012年 ナガセ ビューティケァ 調べ
※3 出典元:2011年「生活者の眠りについてのアンケート」
(無印良品 くらしの良品研究所/オムロンヘルスケア 共同実施)
※4 スッキリアラームの開始時間は標準で30分に設定されていますが、アラーム時刻前10分~60分の間で、変更が可能

「呼吸トレーニング」メニュー監修者:椎名(しいな)慶子(よしこ)先生 
Uttal yoga&healing school(ウタール ヨーガ・ヒーリングスクール) 主宰。日本最大規模のホットヨガスタジオLAVAの創業インストラクターとして数々の人気プログラムを開発。
ニューヨークで全米YOGAアライアンスを取得後、ヨーガ哲学や瞑想、マントラを専門的に学び、インドでダライラマ法王にむけマントラ・キールタンを行うなど幅広く活躍。また、シータヒーリングのインストラクターとしても最高の称号『サイエンスインストラクター』を取得し、既定のコーチングスキルを身に付けた『シータヒーリング プロコーチ』に認定される。

商品の詳細は次のとおりです。

【オムロン ねむり時間計 HSL-003T、HSL-004 主な特徴】

1.アプリに搭載された「呼吸トレーニング」メニューにより、スムーズな寝つきをサポート
3種類の呼吸トレーニング「完全呼吸法(ゆったりと、深い呼吸でリラクゼーションを促す、呼吸トレーニングの基本となる呼吸法。約3分)」、「ソーハム呼吸法(脳をリラックスさせるための呼吸法。約2分)」「カウント呼吸法(脳をクールダウンさせるリラックスをもたらす呼吸法。約2分)」から、お好きな呼吸法を選び、音声ガイダンスにあわせて呼吸を行うことで、体をリラックスさせる副交感神経を優位にし、スムーズな寝つきを促します。

2.体が起き出したタイミングでアラームを鳴らす「スッキリアラーム機能」搭載
アラーム設定時間から30分前※までの間で、体動を検知し、体が起き出したタイミングでアラームを鳴らします。アラーム音は本体だけでなく、スマートフォンからお好きな音楽を選んで鳴らすことも可能です。

※スッキリアラームの開始時間は標準で30分に設定されていますが、アラーム時刻前10分~60分の間で、変更が可能です。

3.眠りのタイプを9種類の動物に例えて判定
測定したデータをスマートフォン用アプリ「ねむり時間計」に転送することで、1週間分のデータを「睡眠時間」「おはよう時刻」「おやすみ時刻」「寝つき時間」「起床にかかった時間」の5つの指標で評価し、「夜更かし型」「朝寝坊型」といった眠りの特徴を、9種類の動物に例えて判定。それぞれの特徴にあったアドバイスをお知らせします。週単位だけでなく、日単位、月単位でもデータを管理できるので、ご自身の眠りの傾向や変化が簡単に分かります。
※添付画像参照

4.温湿度センサーを内蔵し、寝室の温度や湿度、寝室環境が快適かどうかをアプリ上で確認
(HSL-004Tのみ)
本体に内蔵した温湿度センサーが、寝室の温度や湿度を測定。寝室環境が快適かどうかをアプリ上で確認できます。睡眠状態と寝室環境を併せてチェックすることで、より良い眠りをサポートします。
※添付画像参照

【キャンペーンのご案内】
HSL-004Tをご購入のお客様対象に、世界32カ国で展開する世界最大級の総合旅行サイト、エクスペディア(Expedia)で、ホテル予約時に使用できるクーポンプレゼントキャンペーンを、2016年6月20日から7月31日まで実施します。
また、弊社が運営する、健康に役立つさまざまな情報を紹介する健康情報メディア「Rhythm(リズム)」( リンク )の読者を対象に、ブルーライトをカットするメガネJINS SCREENが当たるプレゼントキャンペーンを、2016年5月12日から6月19日まで実施します。寝る前のスマートフォン使用時に最適な「JINS SCREEN NIGHT USE」ショートテンプルタイプ限定カラーモデルを特別にご用意しました。

<主な仕様>
<HSL-003T/HSL-004T>
○名称/型式…オムロン ねむり時間計 HSL-003T/HSL-004T
○電源電圧…DC6V(リチウム電池 CR2032×2個)
○表示…
睡眠時間/23時間59分まで
アラーム時刻またはスッキリアラーム時刻
現在時刻
○メモリ…表示メモリ 1回分・本体記憶メモリ 最大14回分
○使用環境条件…0~+35℃、30~85%RH
スマートフォン通信時:+5~+35℃
○保管環境条件…-20~+55℃、10~95%RH
○通信方式…Bluetooth(R)Version4.0(Low Energy Support)
○Bluetooth(R)通信距離…約10m※
○電池寿命…約4ヶ月(1日1回測定)※ 
新品電池使用、当社試験条件による
○外形寸法…縦約83×横約83×厚さ約16mm
○質量…約65g(電池含む)
○質量…本体:約46g(ブラシ含む)    充電器:約115g
○付属品…お試し用電池(CR2032×2個、内臓)、簡易ドライバー、クイックガイド(品質保証書付き)
○JANコードNo.…
HSL-003T-PK(ピンク):4975479414718
HSL-003T-V(パープル) :4975479414725
HSL-003T-G(グリーン):4975479414732
HSL-004T-R(レッド):4975479414749
HSL-004T-B(ブルー):4975479414756

※通信距離、電池寿命は、通信機器の距離や障害物、電波状況、お使いの機器の使用状況などにより変化します。また、電波状況により通信が切断される場合があります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事