logo

HikvisionのPanoVuパノラマカメラが名誉あるiF Design Awardを受賞

Hikvision Digital Technology Co., Ltd. 2016年05月12日 16時07分
From 共同通信PRワイヤー

HikvisionのPanoVuパノラマカメラが名誉あるiF Design Awardを受賞

AsiaNet 64399 (0586)

【杭州(中国)2016年5月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*PanoVuパノラマカメラは著名な業界専門家で構成する審査委員会によって認められ、カメラのシンプルなデザイン、コンパクトな構造、容易な設定が称賛を浴びた

革新的なビデオ監視製品およびソリューションで世界をリードするHikvisionは、同社のPanoVuシリーズ・カメラDS-2DP1636-D 16MP360度パノラマカメラで名誉あるiF Design Awardを受賞したと発表した。毎年恒例のiF Design Awardは世界の卓説したデザインのシンボルとして認められており、70のさまざまな国から5000件以上の申請が提出され、60人を超えるデザイン専門家で構成する審査委員会によって評価される。

PanoVuカメラはカメラ単体の中に8 x 1/1.9インチのProgressive Scan CMOSセンサーを搭載して、360度のひずみがないUltra HDイメージを提供する。ユーザーはこのカメラを使えば、マルチセンサーを備える1台のカメラで多数のカメラを置き換えることが可能となり、コストを抑え技術的な複雑さも軽減できる。さらにオールインワン設計のカメラは、1本のEthernetケーブルと1基の電源サプライケーブルによるユーザーフレンドリーな設置および設定も提供する。カラーモードにおける最小照度が0.002ルクスであることは、24時間360度の監視が可能ということを意味する。

Hikvisionの国際マーケティング・ディレクターであるキーン・ヤオ氏は、iF Design Awardの受賞は大きな名誉であり、Hikvisionの献身的な設計者の製品が認められたことであるとし、「この名誉ある賞を、極めて高い評価を受け影響力のある組織から受賞できたことを大変うれしく思う。PanoVuシリーズはシンプルでクリーンなデザインとコンパクトな構造であり、1台のユニットに搭載したマルチセンサーから超高精細パノラマイメージと、完全一体化したビデオを提供する。これは市販される最高装備のハイエンド・パノラマ・ソリューションであると確信している」と語った。

HikvisionのPanoVuシリーズはスタジアム、シティーセンター、空港、駐車場などの大規模なセキュリティー監視アプリケーション向けに設計されている。この製品ファミリーは8MP・180度と、16MP・360度の機種があり、ユーザーは特定の監視アプリケーション向けに最適なモデルを選べる。

iF Design Awardは1954年から毎年、授与されてきた。毎年、iF International Forum Designは、製品、パッケージング、コミュニケーション、内装、プロフェッショナル・コンセプト、サービスデザイン、アーキテクチャーの7部門で、世界中からの申請を受けつけている。Hikvisionの受賞は製品部門の監視カメラに対するものである。

▽Hikvisionについて
Hikvisionはビデオ監視ソリューションで世界をリードするサプライヤーである。業界最強の研究開発陣を擁するHikvisionは、最新鋭の製造施設を使用し、あらゆるセキュリティー需要に応える革新的なCCTVとビデオ監視製品を設計、開発する。詳細はHikvisionのウェブサイトwww.hikvision.com を参照。

ソース:Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。