logo

慶應義塾大学(メディアセンター)、奈良先端科学技術大学院大学が、 京セラ丸善「BookLooper 電子図書館」を採用

~サービス開始2年で10万人に閲覧環境を提供、2万コンテンツへ拡充~

京セラ丸善システムインテグレーション株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 松木 憲一、以下 京セラ丸善)は、「BookLooper(ブックルーパー) 電子図書館」を、2016年3月に奈良先端科学技術大学院大学、4月に慶應義塾大学(メディアセンター)へ導入したことを発表します。

両校に導入されたことで、BookLooper 電子図書館のユーザ数は、2014年5月のサービス開始以来、累計10万人を超え、またコンテンツ数も2万タイトルまで拡充しています。

京セラ丸善は、電子書籍の早期普及が望まれていた大学市場において、学修支援型のBookLooper 電子図書館を積極的に展開して参りました。その一環として、2012年より慶應義塾大学や奈良先端科学技術大学院大学を含めた8大学による「大学図書館電子学術書共同利用実験」に参加しました。

また、利用者の蔵書検索の利便性と多様性向上への取り組みを進める中で、2016年春には、蔵書の全文検索機能や、電子書籍への書き込み情報を検索するAPIを開発しました。そして、電子図書館の書籍は丸善雄松堂株式会社が出版社と提供許諾の交渉を行い、同社を通じて新刊書を始めとする2万タイトルを超える学術書が提供可能となりました。これらの機能強化やコンテンツ拡充が、両大学への採用につながりました。

《慶應義塾大学 メディアセンター様からのエンドースメント》
慶應義塾大学では、メディアセンターを中心に、電子学術書利用実験プロジェクトで学修支援機能を持つ、ダウンロード型電子書籍プラットフォームBookLooperの評価を進めてきました。今年度はBookLooperを導入し、学術系の新刊書を中心に800タイトル以上を全学で閲覧可能にしました。今後も、BookLooperの持つ蔵書の全文検索機能や学修支援機能などの利用評価をしていくことになっています。それらの意見を反映し、より一層学生が使いやすい電子書籍プラットフォームとして進化することを期待します。

《奈良先端科学技術大学院大学 附属図書館様からのエンドースメント》
本学は1996年に実用型電子図書館を構築し、電子化資料(図書、雑誌、授業アーカイブ)を提供して参りました。2016年3月の電子図書館システムのリニューアルに伴い、学修支援機能を強化した電子書籍システム(BookLooper)を新たに導入しました。このBookLooperにより、利用頻度の高い新刊書の電子配信を行うほか、利用者の書き込んだメモも本学の検索システムで検索対象として扱えるなど、利用者の利便性を高めています。今後、さらにBookLooperのコンテンツや学修支援機能などが充実することを期待します。

《BookLooper 電子図書館 導入実績校》(50音順 敬称略)
関西国際大学、玉川大学、新潟工科大学、福井大学、美作大学、名城大学他

《BookLooper 電子図書館について》
従来からあるWebアクセス型の電子書籍とは異なり、電子書籍コンテンツをスマートフォンや、タブレット端末にダウンロードして、オフラインでも活用できるほか、メモ・マーカー・全文検索などの学修支援機能を持つ電子図書館サービスです。教科書や講義資料の電子配信も行うことができます。
サービス詳細ページ:リンク

なお本サービスは、2016年5月18日(水)~20日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第7回 教育ITソリューションEXPO」京セラ丸善ブースで展示します。

《京セラ丸善システムインテグレーション株式会社について》
2004年4月に丸善株式会社(現:丸善雄松堂株式会社)から分社独立後、同年10月に京セラコミュニケーションシステム株式会社が資本参加したソリューションインテグレータです。
学術機関・医療機関向けの特長あるICTソリューションや、電子書籍ソリューションBookLooperを生かした電子図書館、電子教科書、電子雑誌配信サービスを提供しています。

* 「BookLooper」は京セラコミュニケーションシステム株式会社の登録商標です。

お問い合わせ先
【サービスに関するお問い合わせ】
電子書籍企画室 担当者:津田
TEL:0120-782-114 /E-mail:info@kmsi.co.jp

【報道機関からのお問い合わせ】
管理本部 広報グループ 担当者:山口
TEL:03-6414-2874 /E-mail:prmarke@kmsi.co.jp /URL:リンク
〒108-0073 東京都港区三田3-11-34(センチュリー三田ビル)

このプレスリリースの付帯情報

BookLooper 電子図書館 画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。