logo

ケロッグ「平野レミの神ワザ!1分クッキング? ぶっさしグラチー篇」公開中!平野レミさんがグラノラを使った仰天レシピを考案!

日本ケロッグ合同会社 2016年05月12日 11時22分
From PR TIMES

調理中はアシスタントの「トニー・ザ・タイガー」を巻き込んで大暴走!?



シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、簡単で栄養バランス満点のグラノラレシピを紹介するWEB動画「平野レミの神ワザ!1分クッキング? ぶっさしグラチー篇」を4月27日(水)より公開しており、本日5月12日(木)に6万回再生(※各種SNS上での再生含む)を達成しました。
(URL:リンク
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



■平野レミさんの暴走クッキングは、大胆なレタスの「ぶっさし」が決め手!
「平野レミの神ワザ!1分クッキング? ぶっさしグラチー篇」は、人気料理愛好家・平野レミさんと、ケロッグのキャラクターであり、今回レミさんのアシスタントを務めた「トニー・ザ・タイガー」による、ケロッグのグラノラを使って楽しく簡単に作れるアレンジレシピを紹介するWEB動画です。今回は、忙しい毎日の中でも1日を気持ちよくスタートするためには朝食がとても大切だと思っている30~50歳代の女性を中心に、「おいしさはそのままに、脂質50%以上カット」(※当社「厳選素材 フルーツグラノラ」との比較)という特長でご好評いただいている「フルーツグラノラ ハーフ」を使ったレシピを紹介しています。元気に登場したレミさんとトニー・ザ・タイガーが、「ヘルシーなレシピを作ります!」と意気込んで紹介したレシピ名はその名も「ぶっさしグラチー」。斬新なネーミングに、普段はしっかり者でお兄さんキャラのトニー・ザ・タイガーも思わず仰天してしまいます。

レミさんは早速調理に取り掛かるものの、動画タイトルにもある「1分」を計るためのタイムカウンターを開始させた瞬間にトニー・ザ・タイガーがうっかり止めてしまうなど、ハプニングが満載。メインの「フルーツグラノラ ハーフ」を使った「グラノラ団子」の調理シーンでは、材料のピザ用チーズとグラノラを重ねすぎて、調理工程を説明するレミさんのコメントが念仏のように聞こえてしまうといった、現場にいるスタッフのトラウマになるような事態も発生しました。マイペースに調理を進めるレミさんに「調理のアシス タントをする」と張り切っていたトニー・ザ・タイガーも圧倒されっぱなしで、終始レミさんの独壇場に。いよいよ盛り付けの段階になるとレミさん得意の「ぶっさし」が炸裂します。半分にカットしたレタスを土台に、グラノラ団子やかわいく型取った大根、なぜか縦にカットされたきゅうりを豪快に「ぶっさし」て盛り付けていく様子は必見です。

ケロッグブランドとして、今回のようにユニークなアイデアレシピを提案することは今までにないチャレンジとなりました。ケロッグの「平野レミさんを起用することで、今までのシリアルのレシピの枠にとらわれない斬新なレシピを提案頂けたことを広くお知らせしたい、そのためにレミさんのリアルなクッキングシーンを交え、動画という形で紹介することで、より視聴者の皆さまに楽しんでご覧いただき、ケロッグというブランドを身近に感じていただきたい」という想いを込めて、この動画は制作されました。

レミさんとトニー・ザ・タイガーの愉快なやりとりを通じて生み出される「平野レミの神ワザ!1分クッキング? ぶっさしグラチー篇」は、ぜひ視聴者の皆さまにもツッコんでいただきつつ、楽しんでいただきたい動画となっています。

■6月にはケロッグ×平野レミさんのレシピをさらに楽しめる展開を予定!
シリアルの新しい食べ方を提案する「平野レミの神ワザ!1分クッキング? ぶっさしグラチー篇」の反響を受け、第二弾となる「平野レミの神ワザ!1分クッキング? チャーグラ篇」が6月に公開予定です。
また、6月から始まるキャンペーンでは、動画レシピ以外のレミさん監修オリジナルレシピを店頭でリーフレットとして配布予定です。キャンペーンの景品には平野レミさんとケロッグのコラボレーション商品も含まれる予定となっております。
今後も平野レミさんとケロッグの強力タッグでお送りする展開にどうぞご期待ください。

世界シェアNo.1のシリアルメーカー “ケロッグ” について
ケロッグ社(Kellogg Company)は、人々にとって大切な食品とブランドを通じて、世界に豊かさと楽しさを提供することを使命としています。
1894年にケロッグ社の創設者であるW.K.ケロッグが米国ミシガン州バトルクリークにおいて、保養所の人々のために食物繊維が豊富な穀物を材料に、食べやすく栄養が豊富な食品としてシリアルの原形となる「グラノーズ」を発明してから1世紀以上を経た現在では、180カ国以上で事業を展開する世界的な食品メーカーとなっています。2015年の売上高は135億ドルで、シリアルのメーカーとしては世界第1位、クッキー、クラッカー、スナックのメーカーとしては世界第2位の規模を誇ります。1906年の会社設立以来、ケロッグのシリアルは世界各国においてご支持をいただき、今年2月19日をもちまして設立110周年を迎えました。

日本ケロッグと製品ラインナップについて
日本ケロッグは、100年以上にわたって「朝食を通じた心とからだの健康」を研究し続けてきた朝食の専門家「ケロッグ」の基本精神を受け継ぎ、1962年に米国ケロッグ社100%出資の日本法人として設立されました。以来半世紀以上にわたって、太陽と大地の恵みを受けて育った、玄米、小麦、大麦、とうもろこしなどの穀物のエネルギーと、バランスのよい栄養がたっぷり詰まったシリアルを日本の朝の食卓にお届けすることを通じて、お客様の気持ち良い一日のスタートを応援しています。「太陽の恵みで、いい一日をスタート。」というキーメッセージのもと、大人向けには「フルーツグラノラ」「オールブラン」「玄米フレーク」、子ども向けには「フロスティ」「ココくん」など、大人から子ども向けまで、あらゆるターゲットのニーズに応えられるバラエティ豊富な製品ラインナップをご提供しています。

ケロッグの朝食提供支援プログラム”Breakfasts for Better Days™“について
ケロッグは、グローバルで展開するCSR活動の一環として、2013年3月より、「Breakfasts for Better Days™」という朝食提供支援プログラムを開始しました。当プログラムを通じて、世界中で食料を必要としている子どもたちやそのご家族にシリアルやスナックをお届けしており、活動初年度の2013年度から2015年末までに各国のケロッグから寄贈した自社製品は、合計で14億食分に達しました。

「厳選素材 フルーツグラノラ」モンドセレクション金賞受賞のお知らせ
ケロッグは、国際的な食品品評会<2016年度モンドセレクション>において、2016年3月にリニューアルした「厳選素材 フルーツグラノラ」を出品し、品質や味が高く評価され、このたび金賞を受賞しました。「厳選素材 フルーツグラノラ」は、厳選した大きめカットの贅沢フルーツと高品質の自然素材を生かしたグラノラです。大粒で高品質のヨーロッパ産オーツ麦をはじめ、いちご、クランベリー、バナナ、レーズン、りんごの5種類のフルーツを贅沢にミックスしています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事