logo

Telia Carrier社は、2番目の高速ネットワークを米国西海岸に設置、 ベイエリアの100GメトロサービスにInfinera社製品を採用

インフィネラ・ジャパン株式会社 2016年05月11日 11時38分
From PR TIMES

Infinera社と、大手グローバルキャリヤーであるTelia Carrier社は、ベイエリアで後者の100Gb/s(毎秒100ギガビット)光ネットワークサービスの開始を発表しました。

<<報道資料>>
Infinera Corporation


Telia Carrier社は、2番目の高速ネットワークを米国西海岸に設置、ベイエリアの100GメトロサービスにInfinera社製品を採用

Telia Carrier社はInfinera社とパートナーシップを組み、2番目の高速・大容量ネットワークをシリコンバレーとロサンゼルス間に設置したことにより、ネットワークサービス配信を新たな段階に発展させました。またその一環として、Telia Carrier社はサンフランシスコ市内ベイエリアの戦略上重要な地点をリンクする100Gメトロネットワークサービスを開始しました。

カリフォルニア州サニーベル市、およびストックホルム、2016年4月27日発:今日、Intelligent Transport Networksの開発・販売者であるInfinera社と、大手グローバルキャリヤーであるTelia Carrier社は、ベイエリアで後者の100Gb/s(毎秒100ギガビット)光ネットワークサービスの開始を発表しました。このネットワークはInfinera TMシリーズを採用しています。また、Infinera社とTelia Carrier社はサンフランシスコ市ベイエリアとロサンゼルス間を結ぶ2番目のInfinera DTN-Xベースの高速ルートであるPacific Coast Highway (PCH)を発表しました。このスーパー・ハイウェイはベイエリアの大手インターネットコンテンツ企業とエンターテインメントとメディア王国であるハリウッドを接続します。シリコンバレーとロサンゼルスにある太平洋海底ケーブルの着地点を高速ケーブル(低待ち時間および冗長性)で接続することにより、Telia Carrier社はこれら西海岸の2つのハブの効率性を高めることができ、もう一つのアジアとのルートを確保できたことになります。

Telia Carrier社はその理念である「ゼロから作る(built from the ground-up)」に基づく、広く導入されているネットワークインフラに弊社のIntelligent Transport Networkを採用しております。そのインフラは長距離およびメトロのエンドツーエンド接続を網羅しています。弊社の主要光ソリューションを採用したことにより、近年Telia Carrier社は急速にグローバル市場を拡大することができました。その結果同社は、Dyn Research社の「 2015 ‘Baker’s Dozen’ レポート」でインターネットプロトコル(IP)トランジットプロバイダーとして一位にランクされました。この新しいMetro 100G能力の追加と2番目の「Pacific Coast Highway」の増設によりTelia Carrier社は、そのパートナーとお客様の容量予測の不安を解消することができ、また、社是である「お客様の中心となる(The Backbone of Your Business.)」に忠実であることを立証しました。

弊社は同社のネットワークにおける「初の。。。」という実績を常に支持してきました。Infinera DTN-X Family Instant Bandwidthを初めて北米で導入したネットワークオペレータがTelia Carrier社でした、また、テラビット級送信テストをライブネットワークのスーパーチャンネルで行ったのも同社でした。そして今日、同社は全米初のDTN-Xネットワークに弊社のスケーラブルTMシリーズのMetro 100Gを採用することを発表しました。Infinera TMシリーズは100Gのパケット光プラットホームをTelia Carrier社のメトロネットワークに提供します。その結果同社はMEF 2.0で認証されているイーサネットサービス、モバイルフロントホール、高帯域幅、およびメトロ集結などのマルチサービス能力を実現することができます。迅速なサービスを可能にするためにこのソリューションは、DTN-X、TM-シリーズ、およびSDNのAPIに対して、統一したネットワークマネージメントレイヤを提供します。

Telia Carrier社、技術最高責任は(CTO)、マティアス・フリッドストロム氏(Mattias Fridstrom)は次のように述べています、「西海岸は米国において非常に重要な地域で、この地域で追加ネットワークを設置することによりお客様により貢献でき、大変喜んでいます。Infinera TMシリーズにより我々は100Gの経済効果をフルに活用することができます。このメトロソリューションは高密度、省エネ、および省スペースというメリットを同時に実現します。最近私たちの多くのお客様は、100Gの経済効率を考慮して、今がそれへの投資時期と考えています。Infinera社のおかげで私たちはその準備ができています。」

弊社、グローバル販売、シニアバイスプレジデント、ボブ・ジャンドロ(Bob Jandro)は次のように述べています、「Telia Carrier社は今、エンドツーエンドの統一されたInfinera Intelligent Transport Networkを手に入れたことになります。それはスケーラブルで、簡単操作で、同社のお客様に高速サービス配信が可能です。Telia Carrier社の弊社エンドツーエンドソリューションの採用は、弊社の優れた製品が世界的に受け入れられていることを立証しています。」

●お問い合わせ先:
Infinera社メディア担当:
アンナ・ビュー(Anna Vue)
Tel:+1(916)595-8157
avue@infinera.com

Telia Carrier社メディア担当:
リカード・バックリン(Rickard Backlin)、VPブランドおよびマーケティング
Tel:+46-72-2368327
Rickard.Backlin@teliasonera.com

Infinera社投資家担当:
ジェフ・ハスティス(Jeff Hustis)
Tel:+ 1 (408) 213-7150
jhustis@infinera.com

●Telia Carrier社について:
同社は世界で最大規模のファイバーバックボーンネットワークを所有する、ネットワークキャリヤです。当社のミッションは個人、企業、および社会が最も重要な活動を実行するためのネットワークインフラとサービスを提供します。当社はお客様とともに働くことによって、ファイバーの速度でお客様の仕事や抱えている問題を処理します。当社の詳細については次のサイトを参照してください:teliacarrier.com

●Infinera社について:
弊社(ナスダック: INFN)はIntelligent Transport Networksをネットワークオペレータに提供することにより、信頼でき、操作しやすい、高容量の光ネットワークを可能にします。弊社の独自の大規模フォトニック集積回路は、最も過酷なネットワーク環境でも使用でき、革新的な光ネットワークソリューションを提供します。Intelligent Transport Networksは、キャリヤー、クラウド・ネットワーク・オペレータ、政府機関、および企業がそれらのデータセンター、都市(メトロ)、長距離、および海底の光ネットワークを自動化し、集中管理し、スケーリングするのを助けます。弊社に関してはwww.infinera.com、ツウィッタの場合はTwitter @Infinera、ブログの場合はblog.infinera.comを参照してください。

*InfineraとInfineraロゴはInfinera社の登録商標です。

このプレスリリースは前向きの記述に限らず、TMシリーズ・モバイル・フロントホール・ソリューションの導入にともなう技術的および経済的な利益に関する記述も含んでいます。しかし、これらの記述は結果を保証するものではなく、また、今後の活動や将来の性能を示すものでもありません。様々なリスク要因や不明確要素により、実結果はこれらの期待数値とは異なるかも知れません。Infinera社のビジネスに影響する、これらのリスク要因や不明確要素に関する情報は、2016年2月23日にSECに提出したInfinera社の2015年度(12月26日締)、年次報告書Form 10-Kのリスク項目に記載されているか、その後必要に応じて提出しているレポートに記載されています。これらのレポートを入手するにはInfinera社のサイトwww.infinera.comにアクセスするか、SECのサイトwww.sec.govにアクセスしてください。Infinera社はこれらの前向きの記述に対するいかなる義務も負いません、またその記述を変更するつもりもありません。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事