logo

サーバーワークス、AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」に“Amazon Aurora”向けの運用自動化機能を追加

SW 2016年05月11日 09時23分
From PR TIMES

サーバーワークス、AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」に “Amazon Aurora”向けの運用自動化機能を追加

AWS専業のクラウドインテグレーターである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区 代表取締役:大石 良 以下、サーバーワークス)は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の運用を自動化するサービス、Cloud Automator (クラウドオートメーター) において、Amazon Aurora向け運用自動化機能を2016年5月11日(水)より開始いたします。



サーバーワークス、AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」に“Amazon Aurora”向けの運用自動化機能を追加

AWS専業のクラウドインテグレーターである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区 代表取締役:大石 良 以下、サーバーワークス)は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の運用を自動化するサービス、Cloud Automator (クラウドオートメーター) において、Amazon Aurora向け運用自動化機能を2016年5月11日(水)より開始いたします。

Amazon Aurora は、MySQL と互換性のあるリレーショナルデータベースエンジンで、高性能の商業用データベースの可用性およびスピードと、オープンソースデータベースのコスト効率性 および簡素性を併せ持っています。Amazon Aurora は、MySQL よりも最大 5 倍のパフォーマンスを発揮するだけでなく、商業用データベースのセキュリティ、可用性、および信頼性を 10 分の 1 のコストで提供します。

AWS認定プレミアコンサルティングパートナーであるサーバーワークスはこのAmazon Auroraの導入を進めるAurora Readyパートナーとして、Amazon Auroraの導入を支援しております。この非常に強力なAmazon Auroraの運用効率化を図るために、この度、Cloud AutomatorにAmazon Aurora向けの運用自動化機能を追加し、提供開始いたしました。

Cloud AutomatorはAWS認定プレミアコンサルティングパートナーであるサーバーワークスが400社、1,370超のAWSプロジェクトの実運用の経験に基づいたノウハウをベースにAWS運用におけるをより効率的に行うため、AWSの機能と連携し、運用を自動化するサービスです。企業は、Cloud Automatorを利用することでAWSの運用シーンにおいて、運用コスト削減できます。総合商社の丸紅株式会社様は、すでに2014年よりCloud Automatorをご利用頂くことで、AWSの運用の自動化を行い、運用コストの削減を実現しております。

このCloud AutomatorがAmazon Auroraに対応することで、運用時に発生する作業を自動化しお客様のAmazon Auroraの運用負荷を軽減しします。

◆想定される運用と対応機能(例)及びそのイメージ図


Amazon Auroraのバックアップを保管したい => Cloud Automatorの「DBクラスタースナップショット」機能で特定のタイミングでバックアップを取得し、ローテーションすることができます。
Amazon Auroraをバックアップから復元したい=> Cloud Automatorの「DBクラスタースナップショットからリストア」機能で取得しているバックアップからDBを特定のタイミングで復元することができます。
Amazon Auroraを削除したい => Cloud Automatorの「DBクラスターを削除」機能で稼働しているDBを特定のタイミングで削除することができます。


[画像: リンク ]



本機能の詳しい使い方は下記のリンクをご覧ください。
リンク
リンク

■ Cloud Automatorについて
Cloud Automator は AWS のプレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークスが開発・ 提供しており、1,300(*)を超える様々なプロジェクトで AWS の導入支援・運用を行ってきたサーバーワークスだから分かる AWS運用のエッセンスがSaaS形式で提供されています。
EC2 インスタンスのタイマーによるstart/stopといった基本的な運用から、EBSボリュームのスナップショットを取得しつつ世代を管理する機能など、実際の運用経験に基づく機能がアクションとして提供されていますので、AWS運用経験の少ないお客さまでも、安心して運用をセルフサービス化することができます。

既に400を超えるユーザー(*)の方にお使い頂いており、中でも総合商社の丸紅株式会社様は、Cloud Automatorを用いて、AWSの定常運用を自動化しつつ、システム一式をDRサイトに自動的に復旧できる仕組みを整えていらっしゃいます。
(*)2016年4月現在

Cloud Automatorサービス紹介サイト
リンク

■ 株式会社サーバーワークスについて
サーバーワークスは、2008年よりAWSに特化したAWS導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。2016年4月現在、400社を超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月より、APN(AWS Partner Network)の最上位パートナー“Premier Consulting Partner”に認定されています。また、2015年10月には、APNのマネージドサービスプロバイダー(MSP)プログラムを取得しております。
リンク

名称:株式会社サーバーワークス
設立:2000年2月
代表者:代表取締役 大石 良

※ Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Aurora、Amazon SQS、Amazon EC2およびAmazon Web ServicesロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■ アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス本部 本部長 今野 芳弘 様
アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、サーバーワークスによるCloud AutomatorへのAmazon Aurora運用自動化機能の追加を歓迎します。Amazon Auroraは高い性能面、安全性、高いスケーラビリティ、高可用性、耐久性、高いコスト効果などにより多くのお客様に活用いただいており、日本でも実際にメリットを感じていただいているお客様が急速に増加しております。今後Cloud Automator のAmazon Aurora運用自動化機能を活用いただくことでお客様が運用業務負荷から解放され、よりビジネスに注力いただくことで、更に多くの企業のビジネ ス成長に貢献できることを期待します。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サーバーワークス 経営企画課 担当:永淵
TEL:03-5579-8029
E-mail: marketing@serverworks.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事