logo

ArcelorMittalとJMAG、電磁界解析分野におけるパートナー契約締結

株式会社JSOL 2016年05月10日 17時01分
From PR TIMES

株式会社JSOL(代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)は、世界最大の製鉄メーカーであるArcelorMittal(本社:ルクセンブルグ、以下「アルセロール・ミッタル」)とパートナー契約を締結し、JSOL製品である電気機器設計のためのシミュレーションソフトウエアJMAGにアルセロール・ミッタルの電磁鋼板の材料特性が搭載された最新版を2016年5月25日にリリースします。

電磁鋼板はモーター、トランスなどの各種電気機器製品に用いられています。現在、地球温暖化防止や省エネ効果を狙った電気自動車、再生可能エネルギー電力設備、各種コンプレッサなどに向けて性能向上が続けられています。

JMAGでは、より精度の高い電気機器のシミュレーションを実現するために材料メーカー各社とパートナー契約を締結し磁気特性、損失特性などの信頼性の高い材料特性をデータベースとして搭載しています。今回のアルセロール・ミッタルとのパートナー契約により、高精度な電磁界解析シミュレーションの全世界への提供を欧州を中心に強化します。

※JMAG(ジェイマグ):
JMAGは1983 年以来30年間以上、数多くの企業、大学のユーザーのご支持をいただき開発が続けられてきた電気機器設計開発のためのシミュレーションソフトウエアです。
機器内部の複雑な物理現象を正確に捉え、高速に分析します。モーター、トランス、アクチュエーター、センサーなど電気電子部品やパワーエレクトロニクス部品の製品開発・設計支援ツールとして利用されています。
リンク

■アルセロール・ミッタルについて
リンク
アルセロール・ミッタルは、世界19カ国に生産拠点をもち60カ国で事業を展開している世界有数の鉄鋼メーカーです。安全で環境や社会にやさしい鋼鉄を提供することを企業理念とし、世界的な研究開発と優れた流通網によって、鉄鋼市場をはじめ、自動車、建設、家電製品や梱包材などに良質な製品を提供しています。サステナビリティ、品質、リーダシップを我々の基本的な価値とし、従業員、取引先および地域社会の健康、安全、福祉に対し責任を持って対応しています。
鉄鋼は鉄道から車、洗濯機に至るまで現代社会において生活の一部となっています。その日々の生活を支える様々な部品や製品のエネルギー効率を高めるため、我々は、積極的に研究を続けています。
アルセロール・ミッタルは、鉄鉱石及び冶金用石炭の生産量で世界5大生産企業の一つであり、採掘事業は重要な成長戦略の一つと捉えています。また、鉄鉱石や石炭などは地理的に資源が分散されているため、戦略的に製鉄所ネットワークを世界市場と結んでいます。これにより我々の成長と共にグローバル市場への供給量も増加し、2015年は636億米ドルの収益、粗鋼生産9250万トン、鉄鋼生産量6280万トンに達しました。
ArcelorMittal is listed on the stock exchanges of New York (MT), Amsterdam (MT), Paris (MT), Luxembourg (MT) and on the Spanish stock exchanges of Barcelona, Bilbao, Madrid and Valencia (MTS).

■株式会社JSOL
リンク
所在地 : 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 : 代表取締役社長 :中村 充孝
資本金 : 50億円
株主 : 株式会社NTTデータ、株式会社日本総合研究所
設立 : 2006年7月
事業内容 : 株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション分野において、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のICT投資効果最大化に貢献するICTサービスコーディネーターです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループおよび三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

以   上


※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。