logo

ネットビジネス性能評価ツールのアルゴスが東証一部上場ネオス株式会社と包括的資本業務提携契約を締結

アルゴスサービスジャパン株式会社 2016年05月10日 15時00分
From PR TIMES

~韓国NAVER社でサービス性能管理に導入されたシステムを日本における普及・事業化に向けて共同で推進~

この度、アルゴスサービスジャパン株式会社(本社:新潟県佐渡市、東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤茂之、以下アルゴス)は、モバイルインターネットサービスを手掛ける東証一部上場のネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田昌史 以下ネオス)と、戦略的ビジネスパートナーとして包括的資本提携ならびに業務提携契約を締結し、サイト・アプリパフォーマンス監視・分析システム「ARGOS」の販売において協力して推進することとなった。ネオスは国内における唯一の総販売代理店として、2016年5月10日より開始する。



[画像1: リンク ]



■ARGOS:客観データに基づいたネットビジネス機会損失回避の新アプローチ
Webやアプリなど、ネットビジネスの成否の命運を握る要素のひとつはサービス配信性能だが、これまではその改善や最適化の業務においてはこれといった手法が確立されていなかった。「ARGOS」はソフトウェアロボットを活用して、サービス配信に関するデータを自動的に取得し、それを分析・見える化するツールとあわせることにより、まさに数値データに基づいた改修・最適化業務を進める手法を確立させる。重要なサービス導線の遷移がスムーズでなかったり、競合他社サービスと比べて性能が劣ったりすることでのビジネス機会損失は計り知れないが、その改善や改修への投資に明白な根拠を提供するツールだ。

■大規模ネットビジネスの開発から運用までを第一線で支え続けるネオスとのシナジー
国内の多くのネットビジネスは外部のIT企業によって開発や運用が展開されているが、サービス事業者にとっては多くの部分がブラックボックスとなっている。中でもサービス配信性能については技術的なハードルの高さもあって、議論をすることさえ難しい分野だった。ネオスは、サービス事業者にとって見れば速度管理は品質管理ともいえるビジネス上最重要なもののひとつであるとの認識の下、開発・運用に加えて今後はこのサービス配信(サービス品質)管理のメニューも提供する。多くの経営者が、これまで感覚的に優劣を判断せざるを得なかったWEBサイトやアプリの品質を、最先端の技術を用いて客観的かつ定量的に計測・分析し、エンジニアリングのスキルのないサービス担当者でも簡単に「パフォーマンスの見える化」を実現する。

■ARGOS最大の特徴はタグ挿入などのシステム改修が不要なこと
ARGOSの導入にあたり、最大の特徴はサービス側のシステムにはタグなどのプログラムを挿入するなどの改造が一切必要ないということだ。これにより、サービス事業者は自社サービスに品質管理を直ちに開始することが出来るだけでなく、さまざまな重要な判断をするために必要となる相対データ(競合他社比較などをしたデータについても難なく取得することが可能となっている。また、利用者導線とよばれるログインや検索、購入などと言った利用者の挙動もARGOSのソフトロボットは確実に再現する。これによってビジネスにクリティカルな導線のチューニングに必要なデータも簡単に取得することが出来る。

■ネットサービス性能の測定・監視・試験の自動化で人件費削減
ARGOSのもうひとつの魅力はロボットによる利用者導線実行の自動化を利用したサービスの品質監視の側面だ。現在でも多くのサービス事業者は人海戦術によって24時間365日のサービス監視を展開しているが、ARGOSを利用すればそのほとんどがロボットによる作業とアラーム機能などの監視ツールによって置き換えられる。ARGOSはクレジットカード申込みなどの極めて複雑な利用者導線なども完全に自動実行のシナリオ化が可能。監視分野での人件費削減ツールとしても非常に大きな注目を集めている。

■ネオスの得意分野であるモバイルマーケットにおいてARGOSはスマホアプリにも完全対応
ネオスは、ネットビジネスにおいても特にスマホへのサービス提供を中心としたモバイル市場の雄であるが、ここにおいてもARGOSがスマホへのWebサービスだけでなく、世界でも数社しか実現していないスマホアプリに完全対応していることが2社の相性をより良いものにしている。ネオスは、ARGOSの将来ロードマップへの開発支援やサポート人材、サーバーシステムアセット、セールスフォースなどの提供を行う。

もともとは韓国NAVER社への技術提供からはじまり、日本最大・世界有数のメッセージアプリのサービス品質監視システムとして利用が始まった「ARGOS」を、今後はネオスとアルゴスの両社が手を携えて、ネットビジネスの品質管理・品質向上を必要とする日本国内の全てのサービス事業者に提案していく。

[画像2: リンク ]


[画像3: リンク ]


[画像4: リンク ]


[画像5: リンク ]


[画像6: リンク ]



<アルゴスサービスジャパンについて>
【商 号】アルゴスサービスジャパン株式会社
【本 社】新潟県佐渡市梅津大野1582番
【東京本社】東京都千代田区神田富山町5-1 神田ビジネスキューブ5F
【U R L】リンク
【設 立】2012年12月
【代表者】佐藤 茂之
【事業内容】
◆WEBサービス性能測定ツール「ARGOS」の提供
実エンドユーザ環境を使った観測機器「プローブ」にて対象のWEBサイトにアクセスして、エンドユーザに近い性能データを収集する分析システムの提供業務
◆WEBサービス性能改善コンサルティング
ARGOSによって収集されたデータからWEBサービスの性能改善施策を具体的に提案し、改善作業までを行う業務

<ネオスについて>
【商 号】ネオス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】リンク
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆ソリューション事業:アプリケーション・コンテンツ・ウェブにおける総合的な技術、ノウハウを応用して、顧客ニーズに対応したソリューションの提供を行う事業
◆プロダクト&サービス事業:開発したソフトウェア・システム・コンテンツ等のプロパティをライセンス、ASPサービス、コンシューマー・サービス等を通じて展開する事業

【このニュースリリースに関するお問い合わせ先】
お問い合わせフォーム:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事