logo

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』がリニューアル さらに「予約台帳機能」と「テーブル管理機能」に特化した飲食店向け予約台帳アプリ『レストランボード』を提供開始



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]




株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が運営する0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『 Airレジ』は、会計機能をより充実させリニューアルしました。予約台帳機能やテーブル管理機能といった予約管理機能は、主に飲食店でご利用いただける予約台帳アプリ『レストランボード』として新たに提供開始することをお知らせします。

▼『Airレジ』リニューアルに関する詳細はこちら
リンク

▼『レストランボード』の詳細はこちら
リンク


『Airレジ』リニューアルの概要
iOS版『Airレジ』アプリは、米Apple社と連携し改善を重ね、会計機能をさらに強化しました。また、予約台帳機能やテーブル管理機能といった予約管理機能は 新アプリ『レストランボード』へ移管し、提供を開始いたします。
予約台帳アプリ『レストランボード』は予約管理をより早く正確に行えるよう、多くのユーザーからのヒアリングをもとにデザインや機能の見直しを行いました。会計業務は『Airレジ』、予約管理業務は『レストランボード』と、それぞれのアプリに特化したことで、ユーザーはよりカンタンに、スムーズにご利用いただけるようになります。
[画像3: リンク ]





『Airレジ』とは
『Airレジ』は、小売業・飲食業・各種サービス業に必須のレジ業務がスマートフォンやタブレットで行える、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリです。2013年11月19日にサービス提供を開始し、2年間でアカウント数が21万を突破し日本におけるモバイルPOS市場の拡大を牽引しています。2015年11月にはお得で簡単に使えるカード決済サービス『Airペイメント』も加わり、注文入力からクレジットカードによる決済、そして会計帳簿作成から決算書の作成まで会計業務全般を、『Airレジ』と連携しているサービスで完結させることができます。2016年4月1日(金)に中小企業庁が指定する消費税軽減税率対策補助金対象(モバイル POS レジシステム)サービスとなりました。これにより、消費税軽減税率補助金対象となる事業者は『Airレジ』利用に必要なタブレットおよび周辺機器の購入に対し補助金の申請ができるようになります。また、複数税に対応できる機能を、税制の決定後順次追加することを予定しております。


『レストランボード』概要
『レストランボード』は、飲食店の業務の煩雑さを解消し、より顧客のおもてなしに注力できることをサポートするiOS版予約台帳アプリです。iPad1つあれば、いつでもすぐに利用することができます。また『Airレジ』と連携しており、予約管理から会計、売上管理、決済機能まで一連の店舗業務をカンタンに行うことができます。さらに、国内最大級の飲食店ネット予約サイト『ホットペッパー グルメ』と連携をしています。『レストランボード』を利用される場合、『ホットペッパー グルメ』のネット予約が自動的に『レストランボード』に取り込まれ、空席情報が自動でネット上に表示されるため、手間なく最大限にネットでの集客が可能となります。今後も様々なグルメサイトとの連携を強化し、よりユーザーにとって利便性の高いサービスとして進化させ、飲食店の業務改善を実現してまいります。


[画像4: リンク ]



『レストランボード』詳細
・アプリ名:『レストランボード』
・リリース日:2016年5月10日(火)
・価格:無料


▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事