logo

対面取引向けクレジットカード決済「端末決済サービス」で銀聯(UnionPay)カード」対応の決済機能を提供開始

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(以下「SBPS」)は、対面取引向けのクレジットカード決済「端末決済サービス」に「銀聯カード」対応の決済機能を追加し、2016年5月10日から提供開始します。SBPSでは、既に提供を開始している、オンライン決済の「銀聯ネット決済」とあわせて、ネット向けと実店舗向けの総合的な「銀聯カード」決済サービスの提供を実現します。



観光庁が発表した「訪日外国人消費動向調査」では、2015年の訪日外国人観光客数は1,974万人超となり、過去最大だった2014年の1,341万人から47.1%も増加し、訪日観光客による消費は近年著しく拡大しています。SBPSは、加盟店さまのビジネスにおける訪日観光客対応とクレジットカード決済需要が伸びることを見据え、対面取引向けクレジットカード決済「端末決済サービス」に、取り扱い金額世界No.1※シェアの「銀聯カード」の決済機能の提供を開始しました。SBPSでは2015年10月に「銀聯(UnionPay)」のメンバーシップライセンスを取得しており、「銀聯カード」対応の決済機能についてもお申し込みから審査・提供までをトータルで担い、信頼性の高いサービスの提供を通じて、加盟店さまのビジネス拡大を支援します。

※銀聯国際有限公司発表において

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


「銀聯(UnionPay)」について
「銀聯(UnionPay)」は、中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり、政府主導で2002年3月に設立された銀行間決済ネットワーク会社です。中国で最も普及している決済ブランドで、2015年の第1四半期には、「銀聯カード」の累計発行枚数は55億枚超、取扱金額は約1.2兆円の実績となり、取扱金額が世界No.1のシェアになりました。

「端末決済サービス」について
「端末決済サービス」は、スマートフォンやタブレットと、専用端末(カードリーダー兼PINパッド)を一緒に利用することで小店舗や屋外などでもクレジットカード決済の受け付けに対応できるサービスです。屋外の観光アクティビティや、個人事業主さまが経営するショップなどへも導入しやすく、「銀聯カード」に対応することにより、訪日客のクレジットカード利用に対応できる機会のさらなる促進を図り、加盟店さまの売り上げに貢献いたします。
[画像3: リンク ]

※1:株式会社ジェーシービーの取り扱いブランド(JCB、American Express、DinersClub INTERNATIONAL、DISCOVER)は、株式会社ジェーシービーによる審査が必要です。決済手数料は株式会社ジェーシービーと加盟店さまとの契約により確定します。
※2:「1回払い」以外は、お申し込みと審査が必要です。レシート発行対応プリンターのお申し込みも必要となります。
※3:「銀聯(UnionPay)」は1回払いのみご利用いただけます。
※4:決済手数料はSBPSへお問い合わせください。
※5:端末(カードリーダー兼PINパッド)は、貸与でのご提供となります。
※6:プリンターのご利用には別途お申し込みが必要です。

詳細についてはこちらをご覧ください。
リンク


本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

【会社概要】
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 今井 康之
所在地:東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階
事業内容:決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行、情報・システム提供サービス
URL:リンク

【端末決済サービスに関するお問い合わせ】
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
電話番号:03-6889-2131(平日/ 9:30~17:30受付)
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。