logo

読売新聞社の新サービス「読売タブレット」にBPSが開発した「超縦書」エンジンが採用されました

ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社 2016年05月10日 10時30分
From PR TIMES

-複雑な日本語組版も忠実に再現できる「超縦書」ビューアエンジンにより、新聞小説をタブレットで快適に閲覧可能に-

ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社がEPUB 3 に準拠して開発した「超縦書コンバータ」および「超画像」 の2製品が、読売新聞東京本社の読者を対象とした「読売タブレット」に搭載される「小説アプリ」に採用されました。



 ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:渡辺正毅、リンク 以下 BPS)がEPUB 3 に準拠して開発した「超縦書(ちょうたてがき)コンバータ」および「超画像(ちょうがぞう)」 の2製品は、読売新聞東京本社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山口 寿一、リンク 以下 読売新聞社)の読者を対象とした「読売タブレット」に搭載される「小説アプリ」に採用されました。

 「超縦書コンバータ」は、日本語組版特有のルビや句読点の禁則処理などの高度な日本語組版も忠実に再現できる電子書籍コアエンジンです。好みの文字サイズやフォントへの変更もスムーズに行うことができるリフロー表示を実現し、その表現の正確性から電子出版業界から高く評価されております。小説にとどまらず、各種専門書など幅広いジャンルの電子出版において閲覧ビューアとして採用されています。
 また、同時に採用された「超画像」は読書時の快適さを追求した、固定レイアウト向けの軽量高速なEPUBビューアです。タブレット端末などの大画面にも対応し、快適な操作性を確保しています。この度、本製品の実績および充実した機能が評価され採用に至りました。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]
(画面イメージ)
画像提供:読売新聞東京本社

 入稿された原稿を手軽に編集・投稿できる「超縦書コンバータ」、そして快適な読書体験を提供する軽量高速ビューア「超画像」。この2つが組み込まれた「小説アプリ」は2016年1月8日より、読売タブレット上で提供開始されています。読売新聞社の協力の元、新聞小説に特化した読みやすく使いやすいアプリが完成しました。


 BPSは、引き続き電子書籍ビューアの普及に貢献するとともに、事業者のサービス拡充を支援し、世界のエンドユーザに向けて、より便利で豊かな電子書籍体験を提供してまいります。

「超縦書」「超画像」に関する詳細は、リンク をご覧ください。
「読売タブレット」の詳細については、読売新聞社の公開情報をご覧ください。 リンク

■ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社について
ビヨンド・パースペクティブ・ソリューションズ株式会社(BPS co,. Ltd.)は「電子書籍ビューアアプリ開発事業」「Ruby on Railsを使ったWeb開発事業」の2軸を中心に据えた、2007年設立のITベンチャー企業です。
「ICTを通じて日本好きを増やす」を合言葉に、ブラウザ閲覧用固定レイアウト向けEPUBビューアや日本語縦書きビューアエンジンの開発を行っています。 近年ではWeb技術の世界的標準化推進団体であるW3C (World Wide Web Consortium)への加盟も果たし、Web上の日本語表現普及にも注力しています。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。