logo

ブラック・ダックが社長交代を発表

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社 2016年05月09日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月9日

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社

ブラック・ダックが社長交代を発表

~日本におけるブラック・ダックビジネスの一層の飛躍を目指す~

東京都千代田区 、2016年5月9日、オープンソースソフトウェア(OSS)のセキュリティ及び管理の自動化ソリューションのリーディングカンパニーであるBlack Duck Software, Inc. (本社:米国バーリントン)の日本法人であるブラック・ダック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区、以下ブラック・ダック)は2016年4月27日付けで、ジェリー・フォズニック(Gerry Fosnick)が代表取締役社長に就任したことを発表しました。

フォズニックは日本で20年以上のビジネス経験を有し、グローバル企業で要職を勤めてきました。以前はアプリソ社、スターリングコマース社の日本法人の代表取締役社長でした。

フォズニックはこの度の社長就任について、次のように述べています。
「ブラック・ダックの一員として、多くの価値をもたらすブラック・ダックのソリューションを、今後日本のお客様に提供できることをとても楽しみにしています。今日ソフトウェアは日常生活で利用する製品やサービスなど、私たちの生活のあらゆる面に浸透してます。そしてソフトウェアを提供する企業では製品を改良し続ける必要があります。ブラック・ダックの利用でセキュアに開発サイクルを短縮できます。私は日本で、ブラック・ダックの革新的なソリューションを紹介し、そのビジネスを拡大することが楽しみです」。

ワールドワイドセールス担当ヴァイスプレジデントのAdam Clayは次のように述べています。
「日本の新しいリーダーとして、フォズニックがブラック・ダックに入社したことを歓迎します。OSS市場の急速な広がりと共に、ブラック・ダックは世界中でその市場を拡大しております。彼のグローバルクラスの経験が、日本のお客様、パートナー様そしてブラック・ダックの日本チームに多大なる利益を生み出すことを確信しております」。
今後フォズニックのリーダーシップのもと、次世代プラットフォームである、Black Duck Hubによる日本での新規ビジネスを推進、事業成長とイノベーションの強化、グローバルにおけるプレゼンスの拡大をこれまで以上に速いスピードで展開し、コンテナセキュリティ、アプリケーションセキュリティの分野でも日本におけるリーディングカンパニーを目指し、ブラック・ダックを次のステージへと成長させていきます。

Black Duck Softwareについて
Black Duck Softwareは、あらゆる規模の企業がオープンソースコードをセキュアに管理し、オープンソースを利用して管理することで得られるビジネスチャンスを最大化することを可能にするOSS Logistics ソリューションのリーディング・プロバイダーです。Black Duckはマサチューセッツ州バーリントンに本社を置きカリフォルニア州マウンテンビュー、ロンドン、パリ、フランクフルト、東京、ソウル、北京に事務所があります。詳細については、www.blackducksoftware.com をご覧ください。 ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区)は、Black Duckの日本法人です(www.blackducksoftware.jp)。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事