logo

聖心女子大学が5月27日~6月2日まで、国の登録有形文化財であるパレス(学生会館)を一般公開 -- 創基100周年記念事業の一環

聖心女子大学 2016年05月09日 08時05分
From Digital PR Platform


聖心女子大学(東京都渋谷区)は5月27日(金)~6月2日(木)まで、キャンパス内のパレス(学生会館)を一般公開する。このパレスは旧久邇宮(クニノミヤ)邸の御常御殿で、国の登録有形文化財にも指定されているもの。2016年に創基100周年を迎えた同大は現在、記念事業の一環としてキャンパス整備を進めており、今春、補修工事を終えたパレス内部を学生等の説明ガイドが無料で案内する(要事前申し込み)。また、これに先立ち、5月26日には報道関係者対象の説明会・見学会も開催する。


 同大は今年、前身である私立聖心女子学院高等専門学校の開校(1916年)から100周年を迎え、創基100周年記念事業の一環としてキャンパス整備を進めている。
 なかでも木造2階建の和風建築であるパレスは、旧久邇宮邸の御常御殿として1924(大正13)年12月に完工(設計者は森山松之助)。2000年に、文化庁による登録有形文化財(建造物)に指定された。
 襖や引戸、格天井は、錚々たる日本画家の作品によって彩られている(このうち天井画は、現在東京国立博物館に寄託)。

(参考)パレス(聖心女子大学ホームページ)
 リンク

 この百年の歴史を刻む貴重な文化財であるパレスについて、同大では2015年から16年3月にかけて、屋根の軽量化や壁補強を含めた補修工事を実施。創建当時の銘木や美術品による内装を大切に守るとともに、将来に残すべき貴重な文化財として土台部分の不陸調整、腐食部材の矧木(ハギキ)や屋根小屋組みの歪み是正を施すなど、今後の維持管理を容易にする工夫も行ったという。

 同大は今後も従来通り、パレスを授業ならびに茶道、箏曲、能楽、小鼓などの課外活動に使用し、情操教育の場として有効活用に取り組んでいく。

 なお、このたびの一般公開に関する概要、および報道関係者対象の説明会・見学会は下記のとおり。

■パレス(旧久邇宮邸御常御殿)一般公開 概要
【期 間】 平成28年5月27日(金)~6月2日(木) ※5月29日(日)は除く
      ※参加には事前申し込みが必要
【場 所】 聖心女子大学パレス
【内 容】 学生等の説明ガイドが、パレス内部をご案内します(無料)。
      ※各日2~3回、所要時間1時間を予定
【予約期間】 平成28年5月9日(月)~5月25日(水)
 受付開始日午前9時より、下記ホームページにて申込方法をお知らせします。
 なお、今後スケジュール等に変更が生じる場合は同欄でお知らせします。
 リンク
【主 催】 聖心女子大学

・聖心女子大学HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 聖心女子大学総務部総務課
 〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-3-1
 TEL: 03-3407-5218

▼報道関係者対象説明会・見学会
・本件に関する報道関係者を対象とした説明会および見学会を実施しますので、お申し込み下さい。
【日 時】 平成28年5月26日(木) 10:30~12:00
・報道関係者対象説明会への申し込み、および問い合わせ先
 聖心女子大学企画部(平日9時~17時、土曜日9時~12時)
 TEL: 03-3407-5249
 E-Mail: kikakubu@u-sacred-heart.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。