logo

GREE版『スカイロック』×『アヴァロンの騎士』コラボキャンペーン実施!

株式会社gloops 2016年05月06日 15時01分
From PR TIMES

両タイトルをプレイして、コラボ限定アイテムをGET!

株式会社gloopsは、GREEにて配信中のRPG『スカイロック』において、2016年5月8日(日)より、クルーズ株式会社が提供する『アヴァロンの騎士』とのコラボキャンペーンを開始いたします。



[画像1: リンク ]

 株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 秀行)は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」(URL:リンク)にて配信中のRPG『スカイロック』において、2016年5月8日(日)より、クルーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小渕 宏二)が提供するリアルタイムバトルゲーム『アヴァロンの騎士』とのコラボキャンペーンを開始いたします。

■ ゲーム内のミッションをクリアして、豪華報酬をGET!
期間中、『スカイロック』、『アヴァロンの騎士』の各タイトルをプレイし、ゲーム内で指定されたミッションをクリアすることで、コラボ限定魔具(スカイロック)やコラボ武具(アヴァロンの騎士)をはじめとする豪華報酬をプレゼントいたします。
また、『アヴァロンの騎士』ゲーム内では、人気イベント「アヴァロン襲撃」が、『スカイロック』のキャラクターとコラボした特別仕様にて開催されます。(詳細は『アヴァロンの騎士』内のお知らせをご覧ください)

<コラボレーション期間>
 2016年5月8日(日)15:00 ~ 5月15日(日)14:59
 ※報酬の受け取りは5月22日(日)23:59まで

<条件ともらえるアイテム>
・『スカイロック』のプレイヤーが『アヴァロンの騎士』をプレイする場合

[表1: リンク ]



・『アヴァロンの騎士』のプレイヤーが『スカイロック』をプレイする場合

[表2: リンク ]


※1日1回のみ獲得可能です

[画像2: リンク ]



□『スカイロック』について
『スカイロック』は、冥界神サタナスの復活を阻止すべく、運命の五つ子たちが魔者を駆使して冒険する王道RPGです。ゲームの中心となるダンジョン型のクエストでは、ユーザーが選択したルートによってイベント内容が変わる自由度の高いシステムを採用。また、700種類以上の敵(魔者)が登場するコマンド式のターン制バトルでは、倒した魔者と契約して仲間にすることができるほか、特定のアイテムで魔者を覚醒させることで、魔者の眠れる力を呼び覚まし、より強力なパーティを編成することができます。

【タイトル概要】
□タイトル名: スカイロック (SKYLOCK)
□料金体系: 無料(アイテム課金制)
□ご利用方法: 「GREE」への会員登録が必要です
□公式サイトURL: リンク
□ゲーム開始ページ: リンク
 スマートフォン
[画像3: リンク ]

 フィーチャーフォン
[画像4: リンク ]

□著作権表記: (C) Exys  (C) gloops, Inc.


□『アヴァロンの騎士』について
『アヴァロンの騎士』は、壮大な世界観で作られたストーリーを進めながら、強力な武具を装備し、100 を超えるジョブをマスターしていくことで、自分だけの最強キャラクターを育てていきます。そして、『アヴァロンの騎士』をプレイする他ユーザーとギルドを組み、他のギルドとバトルを繰り返し、頂点を目指していくリアルタイムギルドバトルゲームです。

【タイトル概要】
□タイトル名: アヴァロンの騎士
□企画・運営元: クルーズ株式会社
□料金体系: アイテム課金制 (基本プレイ無料)
□ご利用方法: 「GREE」への会員登録が必要です
□ゲーム開始ページ: リンク
□著作権表記: (C) CROOZ, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。
本リリースの文章、提供した画像データ等を、本件に関する記事以外の目的で使用することを禁止します。


■株式会社gloops (グループス) について   リンク
gloopsは、「みんなの手に、新しい遊びを。」をスローガンに、モバイルゲーム上で革新的な価値を提供しつづけ、遊びを通じて人々と繋がる面白さを体験できるゲームの開発・運営を行っております。現在までに約40タイトルを配信し、累計約4,000万人のお客様に楽しんでいただいております。

設立: 2005年8月2日
代表取締役社長 兼 CTO: 池田 秀行
事業内容: ソーシャルアプリケーション事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。