logo

参院選前 有権者となる高校3年生が受ける出前授業 -- 大阪国際滝井高等学校で守口市選挙管理委員会の協力のもと5月11日(水)開催

大学プレスセンター 2016年05月03日 08時05分
From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

大阪国際滝井高等学校(大阪府守口市馬場町/清水隆校長)では、選挙法改正により高校3年生の一部が選挙権を取得することとなり、政治への関心を高めるとともに、学校内での政治活動や選挙活動でトラブルに巻き込まれないよう、「政治的教養の教育」を実施する。守口市選挙管理委員会の協力のもと講義を受けた後、ディスカッションし、模擬投票も体験する。


 今回の出前授業は、5月11日(水)13時20分~15時10分までの予定で、大阪国際滝井高校の大教室で開催する。同校3年生を対象に、政治のしくみや選挙制度について理解してもらうことが目的。生徒たちへの「政治的教養の教育」を推進するため、同校の教科(公民科)が中心となり企画した。

授業内容:
 講座1 選挙権年齢引き下げについて
 講座2 日本の選挙制度について
 講座3 実際の選挙について
 グループディスカッション&発表
 模擬投票
 投票結果・講評
資 料: 「私たちが拓く日本の未来」総務省・文部科学省

▼本件に関するお問合せ
 大阪国際滝井高等学校
 教頭 川岸 巳継
 電話: 06-6996-5691(代)

(発信元:大阪国際学園法人本部事務局 企画・広報課)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。