logo

日本初のネットで通う通信制高校「サイバー学習国」に本年度より「サイバーアカデミー」が新設いたしました!

学校法人花沢学園 2016年05月02日 17時39分
From PR TIMES

学校法人花沢学園 明聖高等学校(WEBコース代表:花澤 悟史)は本年度よりWEBコースにもう1つのバーチャルハイスクール「サイバーアカデミー」を新設いたしました。



日本初のネットで通う通信制高校の「サイバー学習国」は昨年4月に開校。インターネット上の学校に実名登録し、自分のアバター(仮想の自分)が、当校独自のインターネット配信による動画での授業やテスト(サイバーチェック&サイバーレポート)を受け、3年間で高校卒業の資格を取得できる、日本初の通信制バーチャル高校です。

今年度、新設した「サイバーアカデミー」は、「サイバー学習国」同様、高校卒業の資格が取得できる他、資格取得、趣味、一般教養など生徒の得意分野を更に伸ばし、幅広いスキルを磨ける様々なジャンルの講座が学べるコースです。趣味の分野では、その分野のプロが教える「ダンス講座」「ネイル講座」「まんが講座」「イラスト講座」、卒業後の進学や就職への足掛かりとなるような「英会話講座」や「パソコン検定講座」、他にも「ペン字講座」「世界遺産検定講座」など、全9種類の多彩な分野の講座が用意されました。

現在、主婦や社会人などを含め、サイバー学習国、サイバーアカデミーには、男子生徒193名、女子生徒162名、合計355名の生徒が在籍し、10代~60代まで幅広い世代が学んでおります。(※2016年5月1日現在)


さらに、ネットで実施する文化祭や運動会を予定している事はもちろん、実際に生徒が参加する年4 日間の「スクーリング」や明聖高等学校体験農場での「収穫祭」なども、昨年同様、実施してまいります。今後も当校のさらなる発展のために様々な取り組みを実施していきたいと思っております。
[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]







≪新入学生コメント≫
【サイバー学習国】1年B組:川合 美乃里 (15歳・女子) JPSAプロサーファー
コメント:私の夢は世界に通用するサーファーになることです。サーフィンと勉強の両立ができると思いWEBコースサイバー学習国を選びました。4年後の東京オリンピックに絶対出場したいと思っています。海外遠征中でも、インターネット環境があればいつでもどこでも勉強できたり、アカデミー講座で楽しく英会話を習ったりできるので、これからの生活がとっても楽しみです。3年間、夢に向かって頑張ります!

【サイバーアカデミー】1年C組:只野 陽大(15歳・男子)
コメント:WEBコースサイバーアカデミーに入学したのは、パソコン関係のアカデミー講座を受講し、資格を取得したかったからです。アカデミー講座での学習で、将来につながるスキルを身に付け、得意なプログラミング、モデリングを生かせる仕事に就くことが目標です。3年間楽しく頑張ります!






[画像3: リンク ]






※サイバー学習国の生徒として入学した方も、アカデミー講座は受講することができます。
※アカデミー講座の受講には、別途受講料、教材費がかかる場合があります。
※授業料実質無料について、世帯年収910万円以上のご家庭や、過去の高等学校在籍期間により就学支援金対象外となる場合は、無料となりません。差額を納入いただきます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。