logo

LGBTのための求人サービスがスタート!ファッション業界からICT教育ベンチャーまで!【新卒・中途】

株式会社JobRainbow 2016年04月30日 14時52分
From PR TIMES

株式会社JobRainbowはLGBTのための企業口コミサイト「JobRainbow」上での求人掲載を本格スタート致しました。

3月にリリースした日本初のLGBT企業口コミサイト「JobRainbow」では、求人掲載サービスの提供を5月より本格スタート致します。JobRainbowが提供するLGBT求人は、実際にJobRainbow専属のLGBTコンサルタントによる研修を受けた企業のみに限られ、採用後もユーザーは徹底したサポートを受けることができます。



現在、多くの企業がLGBTの職場環境整備に乗り出しているものの、実際にLGBTが面接中にカミングアウトをすることのハードルが非常に高いことは変わりません。また、LGBTフレンドリーを公言している会社であってもエントリーシートには「男 / 女」表記しかなく、トランスジェンダーやXジェンダーといった性自認におけるセクシャルマイノリティーへの配慮が無いことが殆どです。

採用選考における、LGBTの不安を真に取り除くためにも、エントリーから採用後までの一貫したサポートを提供する体制を整えることで、これまでJobRainbow(リンク)が提供してきた”口コミ”及び”企業オフィシャルインタビュー”に加え、そうした情報を見ながらワンアクションでLGBTs(以下、LGBT)の求職者の方がエントリーをすることのできる環境作りに弊社は取り組みはじめました。すでに、ファッションECサイトの会社や、ICT教育を提供するベンチャー企業まで、様々な会社が求人を掲載しております。


◇サービスの三つの特徴

1.研修をうけた企業のみを掲載
[画像1: リンク ]

JobRainbowが紹介するLGBTフレンドリー企業は、JobRainbow専属コンサルタントによる研修を受けた企業のみになります。研修では、採用担当者から企業の役員クラスの方まで、LGBTの基礎知識や採用選考における配慮に関して徹底したレクチャーを行い、また、全社での意識共有を義務付けております。

求人掲載時には、

・採用担当者からのJobRainbow限定メッセージ
・LGBT採用への意気込み
・研修受講後の感想や取り組み
・LGBTヘの具体的配慮

といったJobRainbowだけでしか手にいれることのできない情報を閲覧することができ、その企業のLGBT採用にかける想いを知ることができます。


2.エントリー時に自己申告でカミングアウト

エントリー時は、自身のセクシャリティーに関して事前に自己申告することができます。さらに、セクシャリティーを申告したくない場合は、空欄にすることも可能です。LGBTにとってセクシャリティーを実際の面接でカミングアウトすることは、精神的にも大きな負担になりやすく、セクシャリティーの説明で自己PRの時間がなくなってしまうといった問題もあり、事前に面接官に知ってもらうことで、安心して面接に進むことができます。


3.採用後のLGBT就労サポート

JobRainbowのLGBT求人が日本で初めて提供する新しい形の就労サポートがこちらになります。LGBT研修をうけたからといって、多様なセクシャルマイノリティーに常に正しい配慮を会社側が提供できるとは限りません、私たちは「採用をしたから終わり」ではない全く新しい「LGBTのための求人」を提供します。採用後は1年間の「LGBT就労サポート」をうけることができ、採用されたLGBTの方と定期的に連絡をとることで、何か問題があった場合は会社側と三者面談といった形で問題解決に取り組みます。また、会社側からの配慮に関する相談も受けることで、より良い環境整備も同時に進めていき、採用されたLGBTの方が長期的にありのままに働けるようサポートをしていきます。


◇既に「ファッション業界」から「ICT教育ベンチャー」まで幅広い求人を掲載!
JobRainbow上ではすでにLGBT求人の掲載を開始しており、多くのLGBTの方々がJobRainbowを通じてエントリーをしています。業界を絞らず、様々な職種・業種の求人を紹介することで、弊社の理念でもある「すべてのLGBTが自分らしく働ける職場に出会えること」を目指します。


[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。