logo

PTC、ThingWorxのオープンプラットフォーム戦略を発表/ThingWorxが主要なIoTデバイス向けパブリッククラウドサービスに対応

初のPaaS向け統合型IoTプラットフォームで顧客により高いメリットを提供

【2016年4月27日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、ThingWorx(R) IoT(モノのインターネット)オープンプラットフォーム戦略を拡大し、主要なIoTデバイス向けパブリッククラウドサービスに対応するとの米PTCの発表を明らかにしました。ThingWorxプラットフォームは自社のIoTデバイス向けパブリッククラウドサービス(*1)に加えてAmazon Web Services IoT(AWS IoT)への対応を開始しており、今年の7月にはMicrosoft Azure IoT Hubにも対応する予定です。ThingWorxは対応するIoTデバイス向けパブリッククラウドを増やしていく予定で、顧客はインターネットに接続された機器からのデータの利用等、これらの企業が提供する幅広いサービスの利用が可能になります。



[画像: リンク ]


IoTデバイス向けパブリッククラウドサービスはIoTの世界では極めて重要な要素となっており、モノのインターネットの「モノ」からの膨大なデータを収集・分析するために利用されています。クラウドに集められるデータを活用するアプリケーションを開発し、クラウド上にさらに多くのイノベーション投資を進めたいという企業の意向にどのように応えるかが現在の課題です。PTCのThingWorxがAWS IoTや近い将来Microsoft Azure IoT Hubに対応したり、将来他のIoTデバイス向けパブリッククラウドに対応することで、クラウド投資からの効果を十分に引き出したり、幅広いクラウドプロバイダーやThingWorxが提供する世界有数のコンポーネントを組み合わせることが可能になります。

複数のクラウドサービスとの連携により企業顧客が享受できるメリット:

開発期間の大幅な短縮 — 業種を問わず企業やIoTサービスプロバイダーは競争力のあるIoT製品・サービスの開発を加速しています。ThingWorxのモデルベース開発環境は主要クラウドプラットフォームとの連携機能がすでに実装されており、開発期間、市場投入期間の短縮を実現し、重要な競争優位性を提供します。
オープンソリューション — ThingWorxのアーキテクチャはオープンであるため、環境やニーズの変化に合わせてデバイス、クラウド、データベース、エンタープライズシステムを自由に進化させることができます。ThingWorxは既存のシステムやアーキテクチャとの連携をサポートするため、既存の仕組みの拡張・拡大がより容易に実現できます。


PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)は「PTCのオープンIoTプラットフォーム戦略の背景には、顧客のIoTプロジェクトの拡大・展開というニーズがあります。IoTクラウドのリーディングカンパニーと緊密に連携することで、IoTからかつてない価値を生み出し、顧客は製品やサービスをさらに向上することができます」と述べています。

IDCシニアバイスプレジデント兼IoTフェローのバーノン・ターナー(Vernon Turner)氏は「クラウドはエンタープライズIoTの拡大に重要な役割を担いつつあり、ITアーキテクトは、現在から将来にかけてのIoTの取り組みの基盤となるIoTクラウドプラットフォームを検討する必要があります。PTCは、ThingWorxプラットフォームと主要IoTクラウドプラットフォームの連携に向けて大きな一歩を踏み出しました。これは、ThingWorxのプラットフォームとしての開放性を向上するだけでなく、PTCの顧客がIoTの取り組みを進める上で様々なクラウドプラットフォームの必要なコンポーネントを活用することができるということを意味します」と述べています。

(*1)日本では未対応です。

PTCは米国時間2016年5月4日にオープンプラットフォーム戦略に関するライブストリーム放送The Intersection of IoT and Cloudを実施します。ご登録はこちら

<関連情報>
- ThingWorx IoTプラットフォームについて
リンク
- PTC モノのインターネット(IoT)について
リンク
- オープンプラットフォームとクラウドソリューションについて
リンク
- ThingWorx Developer Zone
リンク
- LiveWorx(R) 2016は、2016年6月6日~9日に米国ボストンにて開催されます。製品の設計、製造、サービスに関わる方々、製品(モノ)の可能性を解き放つアプリケーションやエクスペリエンスを開発する方々に向けたイベントです。
イベントに関する詳細情報:リンク


*将来のPTCソリューションやインテグレーション、予定されているPTCソリューションやインテグレーションのスケジュールや機能はPTCの判断で変更されることがあります。


【PTCについて】
PTC(NASDAQ: PTC)は企業がモノのインターネット(IoT)の「モノ」の開発、運用、サービスを変革するテクノロジー プラットフォームやソリューションをグローバルに提供する企業です。PTCの次世代ThingWorx(R)テクノロジー プラットフォームは、スマート コネクティッド プロダクツやシステムが生み出す膨大な量のデータを記録、分析、活用するためのツールを開発者に提供します。PTCの実証済みソリューションは製品またはサービスの優位性を生み出すべく世界28,000社以上で導入されています。業界のソートリーダーとして認知され、さまざまな受賞歴を有するPTCのCEOはIoTがビジネスにもたらす影響に関する明確な指針をHarvard Business Review誌に共著しています。Harvard Business Review誌の記事:リンク

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の PTC Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のPTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、技術情報の作成・管理・提供を合理化するダイナミック パブリッシング システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、といった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:リンク


*製品リリースに関する発表は、時期や、製品の特徴、機能などについては、PTCの裁量により変動する可能性があります。

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: リンク
Twitter: リンクリンク
YouTube: リンク
LinkedIn: リンク
Facebook: リンクリンク

*PTCの社名、ロゴマーク、ThingWorxおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。