logo

OutSystems主催のグローバルイベント「Next Step」では、デジタル・レボリューションが鍵に

株式会社BlueMeme 2016年04月26日 15時00分
From PR TIMES

OutSystems社主催のイベント、「NextStep Global 2016」を、5月に開催いたします。
技術セッションのほか、ユーザーによるセッションや最新情報をご提供いたします。

超高速開発プラットフォームベンダーであるOutSystemsが、2016年5月2日及び3日、リスボンのベレン文化センター (Centro Cultural de Belém)にて、「NextStep Global 2016」を開催いたします。
このイベントでは、OutSystemsのお客様、パートナー様、業界のリーダーや技術エキスパートなどが登壇し、18時間以上ものセッションを二日間で行い、OutSystemsを用いたデジタル・トランスフォーメーションに関してお話しします。

NextStepはOutSystemsが毎年開催し、最新技術情報を公開しているイベントです。
CIOやエンタープライズアーキテクト、開発者が参加しており、セッションのほかハンズオンのトレーニングを通して、企業や開発者同士のネットワークを広げることができます。イベントでは、OutSystemsエキスパートだけでなく、ATOS Australia、デロイト、マッキンゼー、Phoenix DAS、Sonae Retail、Vopakなどのお客様やパートナーによるセッションも予定しています。

開催時には、OutSystemsユーザー内でのイノベーション・アワード受賞がカテゴリー毎にウェブサイトにて発表される予定です。カテゴリーは、ベスト・モバイルアプリケーションやベスト・インテグレーション、革新的プロジェクト、ベスト・アプリケーションの4つとなります。

また、NextStep 2016では、「Developers Morning」というセッションが設けられ、OutSystemsのエキスパートやエンジニアがOutSystems Platformについてお教えします。ベストプラクティスや開発のノウハウ、アプリケーション開発のハンズオンが体験できます。

さらに、OutSystemsのパートナーは、2016年5月4日に開催される「Global InStep 2016」に参加できます。パートナー向けのワールドワイドなイベントであり、市場でより円滑に活動できるよう、新しいツールやリソースをご紹介いたします。

デジタル・トランスフォーメーションには、アプリケーションがどのように作られ、デリバリされるかといった基礎的な考え方を変えることが必要になります。RAD(超高速開発)プラットフォームはその変革のサポートとなるだけでなく、開発にあたって、IT部門だけでなくビジネス部門も加わることができ、バックログを減らしたり、デリバリの期間を大幅に減らしたりすることができるようになります。OutSystemsはセキュアかつ拡張可能な環境を提供し、柔軟性を確保しつつ圧倒的なスピードでアプリケーションのデリバリと変更を可能にします。

このイベントでは、進化するアプリケーション開発に対してOutSystemsがお客様へ提供する価値とは何か、デジタルビジネスの進化へどのように貢献できるのか、といった声に、OutSystemsがお答えいたします。

NextStep Global 2016のより詳細な情報に関しては、下記リンクをご参照ください。(英語)
リンク

OutSystemsについて
OutSystemsは、エンタープライズ規模のRAD(超高速開発)プラットフォームを提供し、企業のデジタル化を推進しています。OutSystems Platformはモバイル・ウェブアプリケーションの開発、デプロイ、変更、保守運用までを、すばやく、かつ一貫して行うことができるアプリケーションプラットフォームです。開発したアプリケーションはすべてのデバイスで、シームレスに使用できます。

OutSystems Platformはクラウドおよびオンプレミス上で利用でき、既存システムとの連携機能やオープンなアーキテクチャを備えています。世界33か国、22の業種で600以上の企業がOutSystems Platformを採用し、アプリケーションの全ライフサイクルを管理しています。

BlueMemeについて
BlueMemeはOutSystems製品及びサービスのローカライゼーション及び技術サポートを提供し、日本国内での総代理店契約を締結しております。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事