logo

資格試験のオンラインサービス「資格スクエア」とオーディオブック配信サービス「FeBe」が業務提携

株式会社サイトビジット 2016年04月25日 14時00分
From PR TIMES

「行政書士講座」を第一弾に、資格講座の音声配信を拡充

オーディオブックの制作・配信サービスを手掛ける株式会社オトバンク(本社:東京都文京区 代表取締役社長:久保田裕也)は、同社が運営する日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe(ふぃーびー)」にて株式会社サイトビジット(本社:東京都品川区、代表取締役:鬼頭政人)が運営するオンライン資格試験サービス「資格スクエア」の「2016年向け行政書士試験講座」の音声配信を4月25日から開始します。



オーディオブック配信サービス「FeBe」は、オンライン資格試験サービス「資格スクエア」で配信している「2016年向け行政書士試験講座」の音声配信を4月25日から開始します。本講座は「2016年版 うかるぞ行政書士 基本テキスト」(週刊住宅新聞社刊)の著者でありかつ予備校プロ講師である宇塚悠介講師、大内容子講師による講義となっております。
[画像: リンク ]


「通勤途中に気軽に復習をしたい」「苦手な分野だけ繰り返し学習したい」という忙しい現代人の「時間の徹底活用」ニーズに応えるため、講座音声の個別配信が実現いたしました。

5月には「日商簿記3級講座」の配信する予定となっており、今後継続的に資格学習用の音声コンテンツを「FeBe」にて配信していくことが決まっております。今後もオトバンクと資格スクエアは資格受験者の学習支援を行っていくとともに、各種試験の音声コンテンツの幅広い利用・展開を促進して参ります。

【配信コンテンツ情報】
配信コンテンツ名:「2016年向け行政書士試験講座」
販売形式:1コマごとの個別販売(今後まとめ販売の予定もあり)
時間数:20~30分前後/1コマ(全128コマ)
価格:200円~400円(税込)/1コマ
配信URL:リンク

□行政書士・資格スクエア講師 宇塚 悠介
2009年に行政書士登録後、行政書士業務と並行して行政書士試験の個別指導を始める。受講する生徒の合格率が高いことから、その指導方法に定評がある。2014年12月より資格スクエア講師として参画。

□行政書士・資格スクエア講師 大内 容子
2003年に行政書士登録・開業。自身が働きながら行政書士試験に合格した経験から「試験で問われる箇所」「覚えなくてはならないところのメリハリ」に着目した講義を展開し、講師としても初年度から合格者を輩出している。

■株式会社サイトビジット(リンク
あらゆるキャリアを創ることのできる場を、すべての人に公平に提供し、誇りをもって働くことのできる人を増やします。
生まれた地、親や家族の収入にかかわらず、すべての人が何かのキャリアを思い描いたときに利用できるインフラとなることを目指し、現在「資格スクエア」を運営中。

<資格スクエアについて>(リンク
「資格スクエア」は2013年12月の開講以来、大手予備校で豊富な経験のある講師陣を中心に、質の高い授業を従来よりも圧倒的な低価格で提供しております。
また2015年2月より業界初の試験対策のクラウド化を実現する新しい学習システム「資格スクエアクラウド」、2016年3月には個人に合わせた人工知能型サポートサービス「脳科学ラーニング」(ともに特許申請中)の導入を開始し、更なる勉強の効率化が可能となりました。このサービスは、司法試験予備試験、行政書士など難関資格を皮切りに順次提供を開始しております。

■ 株式会社オトバンク ( リンク
音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指しています。400社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( リンク )を中心とした書籍のプロモーション事業や「朗読少女」「朗読執事」を手掛けています。

<FeBeについて>(リンク
株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービス。2007年よりオーディオブックの配信を開始、現在約15,000 本のコンテンツを配信し、オーディオブックのパイオニアとしてプラットフォームを提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事