logo

AWS 認定プレミアコンサルティングパートナーのcloudpack AWS クラウドでサーバーレス運用を実現する『AWS Lambda』を活用するためのホワイトペーパーを公開

アイレット株式会社 2016年04月25日 11時59分
From PR TIMES

~サーバーを必要としない環境でコスト削減やセキュリティ向上を実現~

アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)を基盤とした24 時間365 日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤将平)は、サーバーを必要としないイベント駆動型のプログラム実行環境であるAWS Lambda(ラムダ)を活用するための開発手法を記した『cloudpack サーバーレス開発ホワイトペーパー』をcloudpack ホームページにて公開しました。



 従来のシステムでは、プログラムを動かすためのサーバーが必要でした。
AWS の仮想サーバーであるAmazon Elastic Compute Cloud (以下、Amazon EC2)を利用する場合においても1 時間単位の課金が発生することや、待機時間が発生するシステムではAmazon EC2 を稼働し続ける必要がありました。一方、AWS Lambda はイベント駆動型のプログラム実行環境で、サーバーなしにプログラムを実行することができるため、サーバーコスト(Amazon EC2 利用料金)を削減できることはもちろん、運用や保守コストの削減、システム工数を減らす効果もあります。
また、プログラムを実行した実時間(100 ミリ秒単位)と回数に対して課金される仕組みとなっているため、待機が多いシステムや負荷に緩急があるシステムではAWS Lambda に移行することで、90%以上もコスト削減をすることが可能です。
[画像1: リンク ]

 cloudpack では、AWS Lambda の登場をクラウド業界の大きなのターニングポイントと捉えており、今後のシステム運用を大きく変えていくコンピューティングサービスであると考え、本ホワイトペーパーを制作・公開す
ることになりました。 

 本ホワイトペーパーでは、より多くの方々にAWS Lambda について理解していただくことを目的として、
AWS Lambda のサービス的な位置付け、特長と仕組み、利用方法、cloudpack が手がけたAWS Lambda の導入事例などを掲載しています。

【cloudpack サーバーレス開発ホワイトペーパーの主な内容】
 ・AWS Lambda の特長と仕組み
 ・AWS Lambda を活用した構築手法
 ・AWS Lambda と連携するAWS サービスの概要
 ・実例に基づくAWS Lambda の利用手順
 ・cloudpack が手がけたAWS Lambda 導入事例(2 案件)
[画像2: リンク ]

事例1:AWS Lambda とAmazon S3、Amazon DynamoDB、Amazon SQS を利用し、
エンドユーザーが投稿した写真をデータベース化し、ランダムに選択してモニタに表示するシステムの構成例

◎「cloudpack サーバーレス開発ホワイトペーパー」公開URL
リンク

【cloudpack について】
 cloudpack は、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service
(Amazon S3)をはじめとするAWS の各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフル
マネージドのサービスを提供し、バックアップや24 時間365 日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対する
サポートなどを行っております。2013 年6 月4 日には、AWS パートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPN プレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後4 年連続で認定されています(※2)。

 運営会名:アイレット株式会社 リンク
 所在地:東京都港区虎ノ門1 丁目23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7 階
 資本金:7,000 万円
 事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発・保守事業、
      サーバーハウジング・ホスティング事業

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWS のエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaS ベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VAR によって構成されております。
(※2)日本初の4 年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。

Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、Amazon DynamoDB、Amazon SQS、AWS Lambda およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。