logo

ダッソー・システムズおよびイプセン、イプセンの創薬事業を支援する革新的なプログラムの展開に向け共同契約を締結

ダッソー・システムズ株式会社 2016年04月25日 11時00分
From PR TIMES

バイオインテリジェンス・コンソーシアムにおける3Dエクスペリエンス・プラットフォームの優れた貢献に基づき、イプセンが同プラットフォームの展開を決定

3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) と、世界的なスペシャリティファーマ (特定の疾患領域などに専門特化して新薬開発を行う製薬企業) グループであるイプセン (Euronext: IPN; ADR: IPSEY) は本日、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを活用する革新的なプログラムで協業することを発表しました。



[画像: リンク ]



イプセンは研究開発 (R&D) における業務改革および創薬事業を加速するため、ダッソー・システムズの「デザイン・トゥー・キュア」インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを選択しました。デザイン・トゥー・キュアは、データ統合、モデリングおよびシミュレーション機能によって病気に関連するシステム異常に関するより包括的な視点を提供すると共に、より高品質な薬剤候補の同定を加速、改善します。また、本プロジェクトはフランス、イギリス、アメリカの主要なバイオテクノロジーおよびライフサイエンスの中心地に拠点を置き、複数の専門領域をまたぐイプセンの各部門はもちろん、世界的な科学者、バイオテクノロジー企業、臨床研究機関、その他のステークホルダーなど、医薬品の開発パートナーで構成された世界的ネットワークを活用したR&Dプロセスの最適化を目指します。

イプセンのR&D担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・サイエンティフィック・オフィサーであるClaude Bertrand氏は次のように述べています。「ダッソー・システムズとはバイオインテリジェンスの分野で5年以上、パートナーシップを築いてきましたが、最先端かつ革新的な一連のツール群の展開によって、両社の協業への重要なステップを踏めることを嬉しく思います。当社は、科学のキーパートナーとして、自らのDNAに『オープン・イノベーション』を組み込んでいます。協業と革新のための新しいデジタル・プラットフォームは、患者様の治療において画期的な治療法を確立する、という当社のコミットメントを強化してくれることと思います」

ダッソー・システムズの医療機器・医薬品業界担当バイス・プレジデントであるジャン・コロンベルは次のように述べています。「医薬品業界にバーチャルな世界を導入することで、協業体制の変革、分断された専門領域間のつながりの構築、そして生物学的に複雑なヒトに関わる現象のシミュレーションをこれまでにないレベルで実現できる、というチャンスがもたらされます。3Dエクスペリエンス・プラットフォームの採用というイプセン様と当社のパートナーシップは、ライフサイエンスの各専門領域をつないで、革新的な患者体験 (ペイシェント・エクスペリエンス) を提供し、3Dによるエクスペリエンス創出というアプローチへの期待をさらに高めるものとなります」

注:本資料は仏Dassault Systèmes と仏Ipsenによる英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳(抄訳)したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約21万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。

ダッソー・システムズの医療機器・医薬品業界における情報は、ウェブサイトもご参照ください。
リンク

イプセンについて
イプセンは、総売上高が14億ユーロ(2015年)を超える、特定領域に特化した医薬品のグローバルなバイオテクノロジーグループです。115ヵ国を超える国々で20種類を超える医薬品を販売、30ヵ国を超える国々で商業拠点を展開しています。対象とする消耗性疾患に特化したヘルスケア・ソリューションでリーダー企業となることを目指しています。専門領域は腫瘍学、神経科学、内分泌学(成人および小児)です。腫瘍学では、前立腺癌、膀胱癌、神経内分泌腫瘍に苦しむ患者の治療を促進する主要な治療薬の製品ラインアップを拡充し、そのコミットメントを実証しています。また、プライマリ・ケアでも大きなプレゼンスを確立しています。さらに、イプセン・グループは様々なパートナーシップも積極的に展開しています。イプセンは、革新的で差別化された技術プラットフォーム、ペプチド、および毒素に集中した研究開発を行っており、主要なバイオテクノロジーおよびライフサイエンス・ハブの中心にその拠点を置いています(仏レ・ジュリス/パリ・サクレー; 英スラウ/オックスフォード; 米ケンブリッジ)。2015年のR&D費は総額で約1億9,300万ユーロでした。イプセン・グループのグローバル従業員数は4,600名を超えています。イプセンの株式は、ユーロネクスト・パリのセグメントA(証券コード: IPN、ISIN コード: FR0010259150)で取引されており、「Service de Règlement Différé (繰延決済)」 (SRD)が可能です。イプセン・グループはSBF 120指数の構成銘柄です。イプセンはスポンサー付きADR(米国預託証券)プログラムのレベル1を導入しており、イプセンの株式は米国のOTC(店頭取引)市場で取引されています(銘柄名:IPSEY)。イプセンについての詳細はこちらをご覧ください:www.ipsen.com

Ipsen Forward Looking Statements イプセン:将来の見通しに関する記述
リンク
(ウェブサイトへのリンク)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事