logo

確実性とリアルタイム性の高い属性データ・行動データを蓄積ショーケース・ティービー、DMPサービス「ZUNOH(ズノウ)」の提供を開始

コンバージョンの確度と効率化を意識した精度の高いマーケティング施策が可能に

株式会社ショーケース・ティービー(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:森 雅弘)は、これまで累計6,200アカウントに提供してきた当社サービスのデータ基盤を利用して、より精度の高いマーケティング施策を可能にするデータマネジメントプラットフォーム(以下、DMP)「ZUNOH(ズノウ)」の提供を開始しました。



[画像1: リンク ]

■ZUNOH (ズノウ)の特徴
本DMPは、企業のコンバージョンアップに寄与することを目的とした「ナビキャストシリーズ」の入力フォーム支援サービス「ナビキャスト フォームアシスト(特許第4460620号)」、Web接客ツール「ナビキャスト サイト・パーソナライザ(特許第5415639号)」によって得られたログデータを元に構築されています。そのため、サイト来訪者のサイトでの詳細な活動履歴が収集され、「確実性」と「リアルタイム性」の高い属性データと行動データを蓄積し、成果向上に直結するデータの活用が可能なユーザオリエンテッドなデータプラットフォームを提供することが可能です。
(※なお、ナビキャストシリーズより得られるログデータには、個人情報は一切含まれておりません。)また、本DMPはナビキャストシリーズ上で連携・利用することで、より精度の高いデータが継続的に蓄積されていくという特徴を有しています。
※ZUNOHサービスページ:リンク(公開予定)
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


■期待される効果
WEB上から得られるデータを元にした類推型の属性データでは、マーケティング施策の効果が十分発揮されない現状があります。
本サービスは、ナビキャストシリーズの専用管理画面で提供していたログデータを元に構成されているため、「訪問者がコンバージョンに至ったかどうか」や「選択型の入力項目で正しく入力されたかどうか」などを元に属性を特定することが可能です。よって、コンバージョンの確度と効率化を意識したマーケティング施策が可能となり、費用対効果の改善が見込まれます。
すでにサイト・パーソナライザの持つセグメンテーション機能をDSPに連携させた「ナビキャストAd」においてCPAの低減が図れた実績があり、利用企業に対し即時的に導入効果を実感いただけます。
※CPA=Cost Per Acquisition 顧客獲得単価
<実施例>
・ファッション系ECの場合
過去3か月以内に、ファッション系のECサイトでコンバージョン履歴のある、20代女性に対して広告配信を行う。
・不動産企業の場合
サイトに来訪したユーザのうち、現住所が関東圏のユーザに対して特定物件の案内を行う。

■今後の展開
今後は、当社のWebサイト最適化サービス「ナビキャストシリーズ」と連携し、より精度の高いOne to Oneマーケティングが実施できる環境を提供することをはじめ、他社DMPベンダーや広告との連携、事業会社に向けたデータ提供を順次行ってまいります。

【株式会社ショーケース・ティービー 会社概要】
東証マザーズ 証券コード:3909
・本社所在地   :東京都港区赤坂3-21-13 昭栄赤坂ビル4F
・代表取締役社長 :森 雅弘
・設立      :1996年2月1日
・事業内容    :Webサイト最適化技術により成約率を高める「ナビキャストシリーズ」の提供および
          DMPを活用したWebマーケティング支援
・URL       :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。