logo

5万5千社が利用する※1「BtoBプラットフォーム 請求書」「機械学習で入金消込」「チャットで支払督促」の新機能を提供開始

~請求業務のすべてをクラウド化、作業時間98%カットを実現~

 企業間の電子取引プラットフォームを提供する株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照、以下「当社」)は、企業間で請求書の授受(発行と受領)ができるクラウドサービス「BtoBプラットフォーム 請求書」に機械学習を使った自動入金消込とチャットで取引先へ支払督促ができる新機能を搭載し、4月25日(月)より提供開始します。



[画像1: リンク ]

※1:2016年3月末時点。55,086社・ユーザ数:63,064名


■機械学習による自動入金消込機能で大幅な時間短縮が可能に

 請求書発行後の入金消込作業(入金情報の目視確認、会計システムへの手入力、売掛金残高の確認など) を機械学習で自動的に行う新機能です。この自動入金消込機能では、インターネットバンキングから入金データ(全銀フォーマットまたはCSV)を取得し、「BtoBプラットフォーム 請求書」にアップロードすると、自動的に入金消込を行います。請求先と異なる振込口座名義や振込手数料が差し引かれた入金データなど自動消込ができなかったデータを手動で修正すると、入金消込のマッチングパターンをシステムが機械学習し、次回以降は自動で入金消込が可能になります。


■チャットで未入金の督促が可能に

 「BtoBプラットフォーム 請求書」を利用する企業間でチャットを利用した入金漏れの連絡や支払督促ができます。請求に関する社内の確認と取引先企業への連絡を同一システム内のチャットで行うことで業務効率を改善します。一つ一つの請求書に紐付くチャットが存在するため、それぞれの請求内容を混同するリスクが低くなります。

[画像2: リンク ]



■「BtoBプラットフォーム 請求書」で請求業務すべてを網羅

 「BtoBプラットフォーム 請求書」に自動入金消込機能と支払督促機能が追加されたことで、請求業務にかかるすべての作業がこのシステム内で完結します。
 手作業で月間1,000件の入金消込作業を行うと約67時間必要です。自動入金消込機能により手作業のほとんどを自動化し、約1時間程度で入金消込作業ができるようになりました。
 また、従来電話やメールなど別のコミュニケーション手段で行っていた未入金や入金不足の連絡・督促をプラットフォーム内のチャットで進められるため、大幅なコミュニケーションコストの削減に繋がります。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



<「BtoBプラットフォーム 請求書」とは >

 企業間における請求書の発行と受領をクラウド上で行うプラットフォームです。電子帳簿保存法に対応しており、企業規模問わず請求書の電子化・ペーパーレス化が可能に社内外への連絡・督促一覧の画面なります。請求書の発行側と受領側が同じプラットフォームを利用しているため、企業間のやりとりを含めた請求業務のすべてが1つのシステム内で行えます。また、他社から発売される20以上の会計システムと20以上の販売管理システムへシステム連動できるため、入力作業の大幅な削減が可能です。

※詳細・利用料金・主な導入先等はホームページをご覧ください。
URL: リンク


< 会社概要 >

【インフォマート(2015年12月末現在)】
1 会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
2 代表者:代表取締役社長 村上勝照
3 本社所在地:東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル
4 設立:1998年2月13日
5 資本金:32億1,251万円
6 事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
7 従業員数:362名
8 URL リンク

テレビ東京系列「モーニングサテライト」でTVCM放映中!当社公式Facebookでもご覧になれます。
URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。