logo

オイシックス、「食べて熊本を応援」特設サイトを開設(4/21~)熊本県産商品、寄付金付き商品を販売

オイシックス株式会社は、本年4月21日(木)より、平成28年熊本地震の被災地支援のために特設サイト「食べて応援!EAT and SEND for 熊本」を開設します。熊本県産の商品や寄付金付きの商品の販売、被害にあわれた生産者へ向けてのメッセージ募集などを行います。




本年4月14日に発生しました「平成28年熊本地震」により、被害に遭われた方々におかれましては、心からお見舞い申し上げます。

オイシックス株式会社(東京都品川区、代表・高島宏平)は、本年4月21日(木)より、平成28年熊本地震の被災地支援のために特設サイト「食べて応援!EAT and SEND for 熊本」を開設します。熊本県産の商品や寄付金付きの商品の販売、被害にあわれた生産者へ向けてのメッセージ募集などを行います。
熊本県産の有機栽培米や熊本のご当地グルメ太平燕など全25品から始め、生産地と連携しながら徐々に商品数を増やしていく予定です。

URL:リンク


■ 企画概要
<企画の背景>
熊本地震後、当社では飲料の支援や人的支援を実施してまいりましたが、中長期的に熊本の食品産業の復興が必要と考え、本企画を開始することにしました。
「Oisix」サイト内では「熊本」と検索する回数が、最初の地震の翌日からの6日間(4/15~4/20)とその前の6日間(4/9~4/14)を比較すると約5倍に増加しており、応援のため熊本県産の商品を探すお客さまが増えていることも分かりました。

<企画概要>
・特設サイト名:「食べて応援!EAT and SEND for 熊本」
・実施期間:2016年4月21日(木)~
・取扱商品:熊本県産の商品(7品)および、50円分の寄付金付きのOisixの人気商品(18品)を販売
・寄付先について:当面は現地の直接支援にあたる団体などと連携し寄付を行い、その後は食品産業の復興支援団体に寄付をしていく予定です
・販売場所:Oisix(おいしっくす) リンク

■ Oisixの被災地への支援内容や生産者の状況について
<食料支援>
・水6トンとVegeel(野菜ジュース)3000本の支援を現地の生産者と連携し、避難所などに4月18日に配送しました。

<人的支援>
・4月19日に災害支援のプロフェッショナル「CIVIC FORCE(シビックフォース)」「PEACE WINDS JAPAN(ピースウィンズ・ジャパン)」と連携し、東日本大震災時のボランティア活動に習熟した人員を現地に派遣しました。

<生産者の状況>
幸い人的な被害はありませんでしたが、建物の倒壊などの被害が大きく、供給が一部困難になっています。生産者と連携し、できる限り早期の再開を目指して取組みを進めてまいります。


■ Oisixが熊本県を支援する理由

今回の震源となった熊本県は、Oisixの生産者が多くいる地域です。また、熊本県とコラボレーションし、熊本県の郷土料理が簡単に作れる料理キットを販売したり、Web上で熊本物産展を展開したりしてきました。
さらに、熊本県のPRキャラクターである「くまモン」のデザインを手がけたクリエイティブディレクターの水野学氏(good design company代表)は、Oisixのロゴのデザインも手がけています。このように、Oisixにとって熊本県は関連することが多く、大切な地域であり、いち早い復旧、復興を願い、できる限りの支援をしてまいります。

[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]


オイシックス株式会社について
オイシックス株式会社(代表:高島宏平)は、「子どもに安心して食べさせられる食材」をコンセプトに、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品などをオンラインサイト「Oisix(おいしっくす)」(リンク)にて提供する事業を2000年6月より行っています。2011年の東日本大震災以降、一般社団法人「東の食の会」と連携し、東北の食品産業の中長期的な復興支援を行っています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事