logo

熊本地震により被害を受けたパナソニック製品の「特別修理対応」について

パナソニック 2016年04月20日 18時20分
From PR TIMES

パナソニックグループは、熊本地震により被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げますとともに、 被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

家電製品の「特別修理対応」について、ならびに お取り扱いやお問い合わせについてご案内いたします。

■熊本地震により被害を受けたパナソニック製品の「特別修理対応」について

災害救助法適用の地域(以下の地区)にお住まいの個人のお客様が所有し、被害を受けたパナソニック家電製品について、特別価格による修理対応を行っております。
【適用地区】熊本県全市町村(14市23町8村)
(適用地区詳細:リンク
【実施期間】2016年4月14日(木)~2016年7月31日(日)

▼被害を受けたご愛用のパナソニック製品の点検・修理につきましては、下記窓口にお問い合わせ下さいますよう、お願いいたします。

【パナソニック修理ご相談窓口】
フリーダイヤル: 0120-878-554
受付時間: 月~土 9:00~19:00/日・祝日および年末年始 9:00~17:30

また、以下商品につきましては、専用の窓口へのご相談をお願いいたします。
・住宅設備・建材
リンク
・カーナビ・カーAV
リンク
・補聴器
リンク
・パソコン
リンク
・パソコン周辺機器
リンク
・自転車
リンク

(ご留意事項)
・予期せぬ障害などでお客様とのお電話が途中切断してしまった時に折り返しかけ直しをさせていただくため、発信者番号通知をお願いしております。発信者番号を非通知に設定されているお客様は、はじめに186をダイヤルして 186-0120-878-554 のように発信電話番号通知のご協力をお願いいたします。
・商品名と品番をご確認のうえお電話いただきますと、スムーズにご相談いただけます。
・ご使用の回線(IP電話やひかり電話)によっては、回線の混雑時に数分で切れる場合がございます。その際には、各地域のご相談窓口に直接おかけください。
(地区別修理ご相談窓口一覧:リンク
・夜間など、時間帯によってはガイダンスにて別番号をご案内することがあります。お急ぎの場合はそちらにおかけ直しください。

なお、被害の状況によっては修理できない場合がございます。何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。


■地震・停電時の家電製品、住宅設備のお取り扱いに関する注意点

<地震の際の注意点>
地震などにより製品が転倒や落下してしまった場合、一見問題ないようであっても、内部の電子部品などが破損している場合があります。そのまま使用(通電)した場合は発煙、発火のおそれがありますので、必ず点検・修理を受けてください。

▼熊本地震により被害を受けたパナソニック製品の「特別修理対応」について
リンク

<停電の際の注意点>
停電になりましたら、家電製品の電源プラグをコンセントから抜いていただくことをおすすめします。
モーターなどを応用した家電製品は電源が入った時に電流を大きく使用します。停電から復帰するとご家庭内の家電製品が一斉に運転を始めるため、ヒューズやブレーカーが飛ぶなど電気製品への悪影響が考えられます。

▼災害時の注意点と対策・よくあるご質問集はこちらをご覧ください。
リンク


被災者の方々に対しましては、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧を心より祈念いたします。

パナソニック ホームページ リンク
総合お客様サポート リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事