logo

被災者と支援者を結びつけ、経済的な復旧・復興支援を促進する都道府県災害ボランティアセンター改修のお知らせ

キャスレーコンサルティング株式会社 2016年04月20日 16時06分
From PR TIMES

ITで実現する『三方よし』の災害支援

CSVを企業理念に掲げるキャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、弊社がシステム運営を行う“都道府県災害ボランティアセンター”の改修を行いました。



【経緯】
平成28年熊本地震の影響で被災した方々に充分な支援が行き届かない状況や、支援物資が特定の場所で滞ってしまう状況、支援物資を届けたいがどこに届ければ良いか分からないという状況を解消、軽減するため、より多くの人々を結びつける必要があると判断したため、情報プラットフォームである“都道府県災害ボランティアセンター”の改修を行いました。
[画像: リンク ]



【特徴/差別点】
被災者と支援者と結びつける機能以外に弊社の企業理念である CSV(Creating Shared Value) : 共益価値の創造の観点から、被災地域の事業主様または有志の方々が、ボランティアに参加される方々をサポートするための「ボランティア向けお得サービスの登録」機能を有しております。
ボランティアに紐づく宿泊施設や移動手段などの情報を提供することで、
・ボランティアの負担軽減
・お得サービスを提供する被災地域の事業者様への経済効果
を創出し、支援活動、復旧・復興活動がより推進されるよう経済価値と社会価値が両立する仕組みを取り入れております。
被災地域の事業主様・有志の企業の皆様は、是非ご活用下さい。

【今後の見通し】
今後はボランティアや物資を希望する自治体および団体への利用促進を行い、人命救助の次の段階であるボランティア活動のための情報プラットフォームとしてご活用頂く予定です。

<サービス概要>
□商品名   :都道府県災害ボランティアセンター
□商品価格  :全ユーザへ無料開放致します。
□対象地域  :全国
□サイトURL:リンク
  ※なお、当サイトは司法書士法人新宿事務所様のサポートを頂き運営しています。


<会社概要>
□会社名:
 キャスレーコンサルティング株式会社(リンク
 A "Creating Shared Value" Company.
 企業理念:お客様と社会、従業員すべてに共通した価値をもたらすビジネスとサービスをITで創り出すこと
□設立2013年1月
□代表者:砂川 和雅
□資本金:1,410万円 
□所在地:〒150-6031 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。