logo

想像を超えるサウンド、洗練されたデザインを実現した天井・壁埋め込み型スピーカー「JBL Studio 2アーキテクチュアルシリーズ」新発売



[画像1: リンク ]

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、インテリアに合う洗練されたデザインの天井・壁埋め込み型スピーカー「JBL Studio 2アーキテクチュアルシリーズ」を4月21日(木)より発売いたします。

今回発売となる「JBL Studio 2アーキテクチュアルシリーズ」は、想像を超えるサウンド、洗練されたデザインを実現した天井埋め込み・壁埋め込み型スピーカーです。先進的なクロスオーバーネットワークとPolyPlas(R)製ウーファーコーン、CMMD(R)製ツイーターを備えたことで、低歪みと精密なサウンドを再生します。また、JBLが特許を持つハイ・ディフィニション・イメージング(HDI)ウェーブガイドの採用により、高い位置や音軸を外れたレイアウトであってもリスニングルームに臨場感あふれる音場を作り出します。さらに、ツイーターを回転式にし、レベル調整機能を搭載したことでより細かな調整ができ、お好みのリスニングポイントに向けて、より的確な音響補正が可能です。
もう一つの特長であるデザインは、どんなインテリアにも溶け込むようスリムでシンプルに設計。ベゼルレスなグリルは、部屋のイメージにあわせて塗装することができるため、スピーカーの存在を感じさせません。頑丈な新設計ブラケットは、12mmから50mm厚までの壁や天井への取り付けが可能なので、幅広い場所へのインストールに対応しています。
「JBL Studio 2アーキテクチュアルシリーズ」は、カスタム・ホームシアターの設計にはもちろん、ご家庭の全ての部屋をオーディオ空間とするために最適なスピーカーシリーズです。

【特長】

[画像2: リンク ]

■JBLの伝説的なM2マスター・レファレンス・モニターを伝承する高音質サウンド
ハイ・ディフィニション・イメージング(HDI・高解像度イメージング)ウェーブガイドの技術は、JBLのプロフェッショナル向けスピーカー(M2マスター・レファレンス・モニター)の技術を伝承しています。コンピューター解析によって最適化されたドライバーとネットワークとの組み合わせにより、スピーカーの設置場所に関わらず、理想の音場(サウンドステージ・イメージ)を部屋全体に再現することができます。
広い指向特性により、耳元まで正確に音を届けられるので、お部屋やインテリアに合わせて幅広いレイアウトが可能です。
[画像3: リンク ]



■回転式ツイーター

ツイーターの角度が調整できる回転式ツイーターの採用により、お好みのリスニングポイントへダイレクトに音を届けることができます。必要に応じてツイーターの角度を微調整することができるので、より快適にお使いいただけます。


■ツイーター・レベル調整

お部屋の条件や音の好みに合わせて、±3dBでツイーターのレベル調整が可能です(-3dB,0,+3dB)。音楽や映画サウンドのディテールを余すことなく再生し、部屋を臨場感で包みこみます。
[画像4: リンク ]



■塗装可能なスリムデザインのベゼルレス・マグネット固定式グリル

スリムなデザインにより壁や天井にシームレスに溶け込み、スピーカーの存在をほとんど感じさせません。また、グリル全体を塗装することができるので、どのような部屋でもインテリアに溶け込ませることができます。さらに、グリルは、強力なマグネットで固定しているため、お好きな時にグリルの着脱が可能です。


■ハイグレードなXL-2取り付けブラケット

[画像5: リンク ]

取り付けブラケットは、従来製品の多くが最大38mmまでの壁厚に対応しているのに対し、本製品は約12mmから50mmまでの壁厚に対応しているので、インストールの幅が格段に広がりました。また、特別設計したメカニカル・グリップは、設置形態によらず取り付け部のガタツキを最小限に抑えるとともに、カスタムインストレーションを容易にしました。

【主な仕様】

[画像6: リンク ]


<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、ブラジルワールドカップでは全競技場の6割がJBLの製品を採用しました。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、 JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で2,500万台以上走っています。ハーマンインターナショナルは全世界に25,000名の社員が在籍、2015年3月末までの12か月で59億米ドルの売上を報告しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事