logo

端末にデータを残さず情報漏えいを防ぐ 「モバイルチョイス“050”」と「moconavi」のモバイル連携開始 -すべての携帯キャリア、スマートフォンで発信者番号通知に対応-

BYODで通信費をビジネスとプライベートで完全に切り分けが可能に。さらに個人情報漏洩にも有効なセキュリティ対策となるmoconaviの新サービス。

株式会社レコモットと楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズ株式会社は、楽天コミュニケーションズの公私分計の携帯通話サービス「モバイルチョイス“050”」とレコモットのセキュアMAMサービス「moconavi」とを回線網内で直接連携させた法人向け発着信管理および着信通知サービスを本日より提供開始します。



「モバチョ“050”」の公私分計の携帯通話サービスと回線網内で直接連携させた法人向け発着信管理および着信通知サービスを本日(2016年4月20日)より提供開始します。

昨今、個人情報の漏えいなどの情報セキュリティ対策として、業務利用のスマートフォンのOS標準アプリのアドレス帳を使わずにクラウド上の電話帳を利用するケースが増えています。 しかし、これらのクラウド電話帳の利用においてはスムーズな発信は可能でも、着信に関してはあらかじめスマートフォンのアドレス帳に登録がないと発信者の情報が表示されず、 発信元を特定できないことが大きな課題でした。

本件は、クラウド電話帳と通信キャリアの提供する電話回線網内の連携となり、本サービスを導入したユーザーは、ご自身のスマートフォンの機種に関わらず、 セキュアなクラウド上の電話帳からの発信、ならびに着信時の発信元通知受信が可能です。 通信キャリアの提供する電話回線のため通話品質も安心で、企業の情報セキュリティ対策およびBYODの推進を強力にバックアップします。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


株式会社レコモット
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。