logo

【SBT導入事例】神戸市オープンデータポータルサイトの開設を支援

SBT 2016年04月19日 11時10分
From PR TIMES

パブリッククラウド` Microsoft Azure ’を活用し、SBTがサイト運用管理をサポート!

国や自治体が、行政・医療・教育・防災といった行政分野を横軸で連携することや、企業がビジネスに活用することなどを目的に総務省を中心にオープンデータ活用推進が進められています。ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、神戸市が開設したオープンデータの活用プラットフォーム「Open Data Kobe」(2016年4月13日に開設)のデータ集約及びポータルサイトでの公開の仕組みを開発したことをお知らせします。また、SBTが「Open Data Kobe」の運用監視を実施します。



[画像: リンク ]



「Open Data Kobe」開設の背景

誰でも自由に入手し、営利・非営利を問わず利用や再配布が可能で、機械判読に適したデータ形式で提供されるオープンデータの活用推進については、電子行政オープンデータ戦略(平成24年7月4日 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部で決定)に基づき、地方自治体での整備が開始されました。

従来、神戸市では、震災伝承支援アプリケーション「1.17メモリアルアプリ」など、オープンデータの利活用を先進的に進めてきましたが、さらなる推進拡大を目的として神戸市のオープンデータサイト「Open Data Kobe」をオープンしました。

 今回、SBTでは、民間企業に対するクラウド導入や、デジタルデータの活用(デジタルマーケティング)の開発や運用で培った豊富なノウハウを使用し、神戸市が提唱するオープンデータ活用促進のプラットフォームとして「Open Data Kobe」の構築をワンストップで支援しました。

「Open Data Kobe」の特徴

「Open Data Kobe」では、神戸市ならではのデータとして、「ロケ地情報」、「夜景スポット」や「神戸マラソンでのウェアラブル実証ランナー走行ペース情報」など、様々なオープンデータを集約して公開しています。また、充実したデータ検索機能を備えているため、直感的な操作で必要なデータを探すことができます。将来的には、様々なデータの一元化を目指します。

「Open Data Kobe」のプラットフォームは、コスト負担が少なく、拡張性やデータ連携を取りやすくするため、パブリッククラウドの Microsoft Azure が採用されています。情報セキュリティ対策の観点でもサイバー攻撃や防災対策まで総合的に対応し、DDos対策をはじめ通信やデータ保護、運用監視までワンストップで提供しています。また、Microsoft Azure の運用監視を含めた包括的なサポートは、SBTの「Microsoft Azure マネージドサービス」を利用しています。

オープンデータの促進という観点では、「神戸市のサイト」であることが直観的に理解できる工夫や、「探しやすさ」の実現、神戸市の関連ページへの導線なども配慮して設計しています。

ExcelやPDFのオープンデータが増えれば増えるほど検索性が問題になりますが、世界標準ツール(CKAN:シーカン)を使用することで、複数の地方公共団体において標準化された形式で、データの登録・管理を行い、ポータルサイトとして公開することが可能となっています。

▼ 神戸市オープンデータサイト「Open Data Kobe」 
リンク

さらに神戸市では、オープンデータポータルサイトの開設のほか、ごみ分別アプリ「5374(ごみなし)神戸版」の公開や、姉妹都市であるバルセロナ市へのオープンデータ活用事例を学ぶ視察ツアーなどを通じて、オープンデータに関して積極的に取り組んでいます。

■ごみ分別アプリ「5374(ごみなし)神戸版」
 神戸市の各地域のごみ収集日やごみ分別検索等、神戸市からのお知らせを簡単・手軽に確認できるアプリ。4月13日公開。

■バルセロナとの国際ワークショップ開催
 姉妹都市であるバルセロナ市との共催で、まちづくり×ICTをテーマに、国際ワークショップを開催予定。バルセロナのデータ活用やオープンガバメントの先進事例を学ぶ視察ツアーもあわせて実施予定。

SBTでは引き続き、クラウドをベースにしたデータ活用の強みを活かして、地方自治体のオープンデータ活用推進の取り組みを支援してまいります。


※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。