logo

ナイン・バリューズ・カップ FCバルセロナの後継は誰の手に?

フットボールフォーフレンドシップ日本広報事務局 2016年04月15日 19時22分
From Digital PR Platform


ガスプロム社主催「第4回フットボール・フォー・フレンドシップ(F4F)」プログラムにおいて、投票によって決定されるユニークなアワード「ナイン・バリューズ・カップ」が開催されます。

「ナイン・バリューズ・カップ」は、F4Fの価値観(友情、平等、スポーツマンシップ、健康、平和、熱意、勝利、伝統、リスペクト)に最も貢献したフットボール・クラブに年に1度授与される特別なアワードです。

受賞チームの選出はF4Fへ参加し、プログラムの価値観を世界へ発信していく若きアンバサダーたちによって行われます。フットボールという競技と、日常における良識ある行動、この両方において、優れた実績を残したチームが投票によって選ばれます。

「第1回ナイン・バリューズ・カップ」は2015年、ドイツ・ベルリンにて開催された第3回F4FインターナショナルチルドレンズフォーラムにおいてFCバルセロナに授与されました。投票したヤングアンバサダーは、FCバルセロナによる若年層の選手育成のサポート、発展途上国の若手選手に対する支援で先導的な役割を果たしたことを称えました。トロフィーは、ヤングアンバサダーの代表からFCバルセロナ基金のラモン・ポント副会長に手渡しされました。

今回のF4Fでは、F4Fに参加する少年たちだけではなく、世界中の誰もが最もふさわしいクラブの投票に参加できます。投票は二つのプロセスを経て行われます。まず、4月25日までの期間は、このユニークなアワードに値すると考えられるあらゆるクラブを誰もが推薦できます。投票には、F4Fの公式フェイスブックページにノミネートしたいクラブの名前とハッシュタグを投稿します。
URL:リンク

第一段階の投票を経て、上位25のクラブが選出されます。そして第4回F4Fに参加する子どもたちが上位25クラブの中から最もこのアワードにふさわしいクラブを選びます。受賞クラブの代表者が5月にミランで行われるフォーラムに招待され、子どもたちの手によってアワードが授与されます。

第4回F4Fの皮切りとしてドイツ・ミュンヘンで行われたプレスカンファレンスでは、グローバル・アンバサダーであるフランツ・ベッケンバウアー氏が出席し、すべての人に投票を呼びかけました。「『ナイン・バリューズ・カップ』は、F4Fに参加する若い人たちだけではなく、このアワードを知るすべての人にとって素晴らしいアイデアで、誰もが参加できます。我々から皆様を『ナイン・バリューズ・カップ』にご招待します。ふるってご参加ください!」

毎年、「ナイン・バリューズ・カップ」のトロフィーは、ドイツの著名な彫刻家アヒム・リッペルガーにより、F4Fのためだけに特別に制作されます。トロフィーは若いサッカー選手がサッカーボールの形をした地球を掲げている彫刻です。これは、若い世代が手にする「未来」を象徴し、彼らの持つ価値観と信念によって形づくられる様を表現しています。
「フットボール・フォー・フレンドシップ(F4F)」は、UEFAおよび様々な先進的フットボール・クラブとアカデミーに支援されています。これまででは、アトレティコ・マドリード、ベシクタシュ、チェルシー、ガラタサライ、インテル・ミラン、ラツィオ、シャルケ04、ウェストハム・ユナイテッドなどが挙げられます。
また、2016年の「ナイン・バリューズ・カップ」受賞クラブは、F4Fプログラムに参加する以下の32カ国の子どもたちによって決定されます。

参加国:日本、中国、ベトナム、アルジェリア、ブラジル、アルゼンチン、英国、フランス、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、スペイン、オーストリア、スイス、チェコ、スロバキア、ブルガリア、オランダ、ポーランド、スロベニア、クロアチア、セルビア、トルコ、アルメニア、シリア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、ウクライナ、ロシア


■補足情報:

「フットボール・フォー・フレンドシップ」はガスプロム社がその「ガスプロム・チルドレン・イニシアチブ」のもと実施する国際少年社会貢献プロジェクトです。本プロジェクトではユース・フットボールを発展させ、世界中の少年たちに異なる文化や倫理観に対しての寛容さとリスペクトを育てることを目指しています。参加する子どもたちがF4Fを通じて、友情、平等、スポーツマンシップ、健康、平和、熱意、勝利、伝統、リスペクトといった価値観を育みます。

F4Fの期間中、開催都市においてプロフェッショナル・クラブ・チームを表彰する「ナイン・バリューズ・カップ」アワードが開催されます。そして本プロジェクト参加の少年たちとチーム関係者は「フォーラム」終了後、ミラノのジュゼッペ・メッツァ・スタジアム(サン・シーロ)にてUEFAチャンピオンズ・リーグ2016の決勝戦を観戦することになっています。

ガスプロム社は、熱エネルギーと電力の生産及び配送と並び、天然ガス自動車用燃料を含むガスの採掘、生産、輸送、貯蔵、精製と販売、ガス凝縮物・石油凝縮物の製造と販売を行うグローバル・エネルギー企業です。中央アジア、南アジア、南西アジアのみならず、ロシア、アフリカ、中東、ヨーロッパ、ラテンアメリカで事業を展開しています。

ガスプロム社はロシアとその他30カ国以上の国々に配送するガス量と天然ガスの備蓄・生産量においては世界最大の企業です。また、ロシアでは4大石油製造企業のひとつであり、ロシアには主要電力生産設備をいくつか構えています。熱エネルギーのグローバル市場では最大のシェアを誇ります。

ガスプロム社はその事業開発戦略を活発に行っていくためにも社会貢献プロジェクトに注力しており、国内外のスポーツ組織やスポーツ・イベントを数多く支援しています。その中でも、UEFAチャンピオンズ・リーグのオフィシャル・パートナーであり、UEFAスーパー・カップの支援を行っています。この他にも、ロシアのFCゼニト・サンクトペテルブルク、ドイツのシャルケ04、セルビアのレッドスター・ベオグラード(FKツルヴェナ・ズヴェズダ)など世界的に著名なフットボール・クラブを支援しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事