logo

業務用映像機器6機種のファームウエア(※1)を無償提供 EFシネマレンズが「デュアルピクセルCMOS AF」に対応するなど機能が向上

キヤノンは、デジタルシネマカメラ、業務用ビデオカメラ、多目的カメラの合計6機種を対象に、さまざまな機能を向上させるファームウエアの無償提供を、2016年6月より順次行います(※2)。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

ハリウッド映画から報道まで幅広いプロの映像制作現場から好評を得ているCINEMA EOS SYSTEMのデジタルシネマカメラ2機種(EOS C300 Mark II、EOS C100 Mark II)と業務用ビデオカメラ3機種(XC10、XF305、XF300)、多目的カメラ(ME20F-SH)の合計6機種を対象に、基本機能を向上させるファームウエアを無償提供します。 EFシネマレンズが「デュアルピクセルCMOS AF」に対応するほか、広いダイナミックレンジを持つキヤノン独自のLogガンマ「Canon Log 3」を搭載するなど、カメラの潜在能力を最大限に引き出すことでユーザーの高度なニーズに応えていきます。

■ EFシネマレンズ装着時の機能が向上(EOS C300 Mark II、EOS C100 Mark II)
従来のEFレンズに加え、新たにEFシネマレンズ「CN7×17 KAS S/E1(※3)」と“CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S”(2016年10月下旬発売予定)の装着時でも、「デュアルピクセルCMOS AF」による動画撮影に適した滑らかなAF動作と高い追従性を実現します。また、両レンズに加え単焦点のEFシネマレンズの装着時では、マニュアルフォーカスの際にピント位置が被写体に対し手前にある(前ピン)か、奥にある(後ピン)かを表示し、高精度なピント合わせをサポートする「デュアルピクセルフォーカスガイド」(※4)を使用できます。

■ キヤノン独自のLogガンマ「Canon Log 3」を新規搭載(EOS C300 Mark II)
従来の「Canon Log」、「Canon Log 2」に加え、「Canon Log 3」を搭載します。ハイビジョン映像の標準色域規格である「ITU-R BT.709」に近い特性を持ち、画作りがしやすい「Canon Log」の長所を引き継ぎながら、1600%の広いダイナミックレンジを実現します。これにより、映像制作の意図に応じて最適なLogガンマを選択できます。

■ AFの高速化やMP4での記録などユーザーの撮影ニーズに応える機能を追加(XC10)
AF速度を最大約2倍に高速化します。また、記録モードを従来のMXFに加え、データ容量が軽く取り扱いが容易なMP4との選択が可能になります。

※1 製品本体を制御するためのソフトウエア。
※2 ファームウエアの提供時期や内容は機種によって異なります。詳細についてはキヤノン製品ホームページをご参照ください。
※3 レンズ側も別途ファームウエアの更新を行う必要があります。詳しくはキヤノンマーケティングジャパン イメージングソリューション営業部03-3740-3304へお問い合わせください。
※4 「EOS C300 Mark II」のみ。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。