logo

業務用4K ディスプレイ2 製品のファームウエア(※1)を無償提供



 キヤノンは、業務用4Kディスプレイ2 製品(DP-V3010/DP-V2410)を対象に、キヤノン独自のLog ガンマ「Canon Log 3」(※2)の表示対応や、ARRI 社のカメラシステムとの連携機能など、各種機能を追加するためのファームウエアを、2016 年7 月より無償で提供します。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

■ キヤノン独自のLog ガンマ「Canon Log 3」に対応
広いダイナミックレンジを持つキヤノン独自のLog ガンマ「Canon Log 3」の表示に対応します。キヤノンのデジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark II」(※3)で撮影した「Canon Log 3」映像をモニタリングに適した階調特性に変換し、さまざまな撮影現場・編集現場で確認することができます。

■ ARRI 社のカメラシステムとの連携を実現(DP-V2410 のみ)
映像制作現場で評価の高いARRI 社のカメラシステムとの連携を実現し、取得したカメラのメタ情報をディスプレイ上に表示する機能や、画質設定値を連動させて切り替える機能を搭載することで、撮影現場の利便性が向上します。

■ さまざまな撮影現場のニーズに応える撮影アシスト機能を追加
「DP-V2410」を対象に、4K/UHD 映像信号の分割伝送方式「2-Sample Interleave Division」、2K/HD 映像の2 画面/4 画面表示機能を追加します。また「ズーム」機能において、任意の位置を選択可能になるとともに、ズーム倍率に4 倍、8 倍を追加するなど、撮影アシスト機能を強化します。
 「DP-V3010/DP-V2410」を対象に、波形モニターの表示に「Canon Log」、「SMPTE ST 2084」(※4)などの入力信号に応じた表示設定に対応します。また、画像の白レベルを上げた際に従来よりも黒レベルを抑制するモードを追加します。これにより、よりコントラスト比が向上した映像を表示することができます。

<ご参考>
2016 年 4 月18 日(月)から21 日(木)まで米国ラスベガスで開催される放送・映像制作機器の展示会「NAB Show 2016」のキヤノンブースにおいて、現在規格の策定が進められているHDR(ハイダイナミックレンジ)(※5)の映像方式「Hybrid Log-Gamma」や、今回のファームウエアを適用したディスプレイによるデモを実施する予定です。

※1 製品本体を制御するためのソフトウエア。
※2 ハイビジョン映像の標準色域規格である「ITU-R BT.709」に近い特性を持ち、画作りがしやすいキヤノンのデジタルシネマ
カメラ独自の記録方式「Canon Log」の長所を引き継ぎながら、ダイナミックレンジを1600%に拡張したキヤノンのデジタルシネマカメラ独自の記録方式。
※3 2016 年4 月14 日に発表するファームウエアを適用する必要があります。
※4 「Society of Motion Picture & Television Engineers(米国テレビ技術者協会)」提唱の広いダイナミックレンジを持つ映像規格。
※5 「High Dynamic Range」の略。映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を向上させる技術。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。