logo

4K放送用ポータブルズームレンズに対応する光学系アクセサリーのラインアップを拡充



キヤノンは、4K放送用ポータブルズームレンズに対応する光学系アクセサリーの新製品3種類を2016年7月下旬より順次発売します。また、シリーズ名称を「HGシリーズ」に変更し、従来のアクセサリー2種類の名称をこれに従い変更します。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



ズームレンズの光学アクセサリーを豊富に取りそろえてきました。このたび、新たに4Kポータブルズームレンズ「CJ20e×7.8B」(2016年6月下旬発売予定)に対応するアクセサリー3製品をHGシリーズとして発売します。

また、現行製品のワイドコンバーター「W80HD」とテレサイドコンバーター「T15HD-II」をHGシリーズに名称変更し、これら2種類を加えたHDTV用・4K用ともに使用可能なHGシリーズ5種類のラインアップにより、ポータブルズームレンズを用いたより多彩な映像表現が可能になります。

■ 撮影効果をさらに広げた多様な映像撮影が可能な新製品3種類を発売
新製品は、広角端でさらに広い画角の撮影ができるワイドアタッチメント“WA75HG”、魚眼レンズのような特殊効果を実現するフィッシュアイアタッチメント“FEA60HG”、被写体の拡大撮影ができるクローズアップレンズ“105CL-UP800HG”です。

■ 現行製品HDシリーズ2種類の製品名称をHGシリーズに名称変更
現行製品のワイドコンバーター「W80HD」、テレサイドコンバーター「T15HD-II」は、HGシリーズとして名称を変更し、“W80HG”、“T15HG”として販売を継続します。


[表: リンク ]



※ 市場在庫分は現行名称で販売。新規出荷分より新規名称で発売。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事