logo

TECHNO-FRONTIER 2016 出展のお知らせ

サイバネットシステム 2016年04月14日 10時40分
From PR TIMES

~電気製品の放射ノイズ規制クリア、早期市場投入を実現するために~ EMC対策の理論と実践方法・設計フローの最新情報を発信



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、4月20日(水)から22日(金)にかけて幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2016 第11回設計支援システム展、第29回EMC・ノイズ対策技術展」(以下「本展示会」)に出展することをお知らせします。

本展示会は、メカトロニクス・エレクトロニクス技術の発展と普及を支援する、アジアを代表する要素技術専門展示会です。サイバネットは、設計支援システム展では『EMC(※)の課題解決ソリューション』と『ものづくりを支援する設計フロー』の2つのゾーンに分けて展示します。またEMC・ノイズ対策技術展では『IoTデバイスのノイズ・熱・衝撃対策』を展示します。

※EMCとは:他の機器の誤動作や人体への影響を防ぐため、電気機器が発する電磁などを一定以上発生させないようにすること。「電磁環境適合性」「電磁環境両立性」などと呼ばれることもある。

=============================================
出展の見どころ
=============================================

■ EMC課題解決ソリューション:

EMCの対策手法やスキルアップトレーニングサービスのご提案
EMC設計の効率化に成功した企業・開発現場には、共通する「ある考え方」があります。会場では、そのEMC設計効率化の成功ポイントを押さえる為の手法を紹介し、どのように業務に結び付けていくのかをご紹介、ご提案します。
[画像1: リンク ]



■ ものづくりを支援する設計フロー:
~ FPGA設計検証~回路/基板設計における設計フロー改善に向けて ~
データ連携をシームレスに行う一気通貫を実現する統合プラットフォームのご提案
設計者の意図をどれだけスムーズに次の工程につなげられるかで、製品開発のスピードが大きく変わります。その中でもポイントとなるのが「現場に散在する設計データの管理・共有化と検証環境の構築」、そして「設計初期段階から検証・解析が出来る環境を構築すること」です。
ブースでは設計~製造へのシームレスなデータ連携を加速化させる為の統合プラットフォームや、解析技術の活用により設計の後戻りを減らす新たな設計フローについて、デモンストレーションを交えてご紹介します。
[画像2: リンク ]



○ 出展製品の一覧はこちら: リンク

■ IoTデバイスのノイズ・熱・衝撃対策:
過酷な運用環境に耐えうるIoTデバイスの信頼性向上のご提案
今後、IoTの普及によりインターネットにつながるモノ(IoTデバイス)の数は増大する一方で、さまざまな環境で運用されることから通信の安定性やEMC対策、熱、振動、衝撃による耐久性が求められます。
ブースではIoTデバイスの構成要素であるアンテナやセンサーなどを対象とした解析事例についてご紹介します。

○ 出展製品の一覧はこちら: リンク

=============================================
開催概要
=============================================

会期  : 2016年4月20日(水)~22日(金)
会場 : 幕張メッセ (幕張・千葉)
主催 : 一般社団法人日本能率協会
小間位置 : 国際展示場 6 ホール 6D-116、6C-103
詳細 : リンク


----------------------------------------------------------------------------------
サイバネットについて
----------------------------------------------------------------------------------
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。

電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。

また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。

サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

-----------------------------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ  サイバネットシステム株式会社
-----------------------------------------------------------------------------------
■ 内容について
設計支援システム展:
EDA事業部/中野
TEL:03-5297-3324 E-MAIL:eda@cybernet.co.jp

EMC・ノイズ対策技術展:
メカニカルCAE 事業部 マーケティング部/北川
TEL:03-5297-3208 E-MAIL:anssales@cybernet.co.jp

■ 報道の方は
広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL: irquery@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。