logo

Skullcandyヘッドフォン&イヤフォン販売数量全米No.1ブランドに確定!!

スカルキャンディージャパン 2016年04月13日 18時00分
From PR TIMES

成長するワイヤレスヘッドフォン・イヤフォン市場において昨対比122%にシェアを拡大



ファッション性の高さと独自のサウンドコーディネイトによりアメリカで絶大な人気を誇るヘッドフォンメーカーである、Skullcandy(日本法人:Skullcandy Japan合同会社、本社:東京都渋谷区、代表:大石哲也)のヘッドフォン&イヤフォンが、市場調査会社NPDグループの2016年3月の発表により、2015年全米におけるヘッドフォン&イヤフォンの販売数量No.1ブランドに確定されました。今回の選出は、昨年に続き2年連続の快挙となります。

■ NPDグループによる2015年全米における販売数量に関する発表内容
Skullcandyブランドは
☑ ヘッドフォン・イヤフォン市場において2015年全米で最も多くの販売数を記録
☑ Skullcandyブランド全体の販売数量は、昨対比112%を記録
☑ 全米販売数量トップ5のうち、イヤフォンは上位2商品、ヘッドフォンはトップ5の中で2商品を独占

さらに、近年、ヘッドフォン・イヤフォン業界の中でシェアを伸ばしている“ワイヤレス市場”においても言及されており、100USドル以下のオーバーイヤータイプのワイヤレスヘッドフォンの中でSkullcandyが全米の販売数量No.1を記録し、昨対比122%にシェアを拡大したことが発表されました。

■ NPDグループによる2015年ワイヤレス市場に関する発表内容
Skullcandyブランドは
☑ 100USドル以下のオーバーイヤータイプのワイヤレスヘッドフォン市場においてシェアを22%拡大
☑ USドルベースで、ワイヤレス市場において2番目にシェアを伸ばした

Skullcandy Japanでは、拡大するワイヤレスヘッドフォン市場において、これらのニーズを受け、2016年4月13日(水)より、新たに2ラインのワイヤレスイヤフォンを販売します。今後も、イノベーティブなワイヤレスヘッドフォン・イヤフォンをさらに強化してまいります。
[画像1: リンク ]



【本国アメリカのSkullcandyプレジデント兼CEOホビー・ダーリングのコメント】
Skullcandyが2015年も消費者が選ぶ1番のブランドに選ばれたことを大変誇りに感じ、毎年、消費者のことを1番に考えたイノベーティブな商品開発に注力してきた結果だと思います。2015年は市場がワイヤレスに大きく動き出したと感じました。それに伴い、高品質のBluetooth™を用いたオーディオエクスペリエンスの登場が強く望まれていました。自社内にある商品開発および技術開発部門のおかげで、イノベーティブで高品質な商品開発を迅速に行うことができ、結果、2015年はワイヤレス市場において大きなインパクトを与えることができたと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------
[画像2: リンク ]

Skullcandyは、音楽、ファッション、スポーツ、アート、フィルムなど多様なカルチャーを融合したアメリカ
発祥のライフスタイルオーディオブランドです。
インスピレーションは、ユース・カルチャーの枠にとらわれない斬新なクリエーティビティーです。

2013年に設立されて以来、その独創的なテクノロジー、デザイン、音質は画一的な既存のオーディオマーケットに新しい風を起こし、また世界でもっとも有名なオーディオブランドの一つとして急成長を遂げました。本国アメリカでは売上No.1のオーディオブランドとしての地位を確立し、Skullcandyの商品は本国アメリカ及び日本を含めた約80カ国で様々な販売ネットワークを通じて販売されています。

《音の3要素を追求したスプリーム・サウンド》
音楽をよりよく楽しむためには、「ベース」「ハイ」「ヴォーカル」という、3 つの要素が重要だとSkullcandyでは考えています。低域をブーストすると迫力は増しますが、ブーミーな低域は音楽の心地よさを妨げてしまいます。一方、「ハイ」を強調したサウンドも、一見メリハリが良さそうに感じますが、すぐに聴き疲れしてしまいます。Skullcandyでは、「スプリーム・サウンド」というポリシーに基づき、ディープでフォーカス感の高い低域と伸びやかで美しい高域によって、聴き心地よい “美しいサウンド” を作り上げています。

しかしながら、これらはあくまでも「ヴォーカル」やメイン楽器などのすばらしさを活かすためのもの、音楽にとって最も重要な中域を重視し、音楽性の高い、生き生きといたヴォーカルを、「スプリーム・サウンド」によって作り上げています。

《オリジナルドライバーによって生み出されたハイクォリティとハイコストパフォーマンス》
音質にこだわりを持つSkullcandyが、「スプリーム・サウンド」を実現するために到達したのは、オリジナルドライバーの開発でした。いまや多くのヘッドホンブランドが OEM メーカーからドライバーの供給を受けているなか、Skullcandyでは、自社の R&D 部門を設立してオリジナルドライバーの開発に着手。振動板の形状からコイルの仕様、バックキャビネットのデザイン等に特徴のある、「REX40」という斬新なサウンドデザインを持つドライバーを作り上げました。

スカルキャンディーのヘッドフォンは、音楽の分野ではもちろんのこと、NBA、NFL等のアメリカ4大メジャースポーツをはじめとするハイエンドユーザーから、スノーボードやサーフィンといったアクションスポーツまで、様々なシーンにご使用頂いております。また、数多くのアーティストやブランドとのコラボレーションによりファッションアイテムとしても活用頂けます。

【会社概要】
■会社名: Skullcandy Japan 合同会社
■住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-17-11 パークサイドオーサキ2F
■電話番号: 03-6418-7945
■URL: リンク
■Instagram: リンク
■Twitter: リンク
------------------------------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。