logo

訂正 -- Crystal Lagoons

Crystal Lagoons 2016年04月13日 18時55分
From 共同通信PRワイヤー

訂正 -- Crystal Lagoons

AsiaNet 64078(0452)

【ラスベガス2016年4月12日PR Newswire=共同通信JBN】
Crystal LagoonsがPR Newswireで公表した2016年4月12日付のニュースリリース「Crystal Lagoonsが大物実業家と提携し、ラスベガスにビーチライフを持ち込む」は、テキストに幾つかの訂正点があり、Wynn Paradise Parkの建設事業費は策定中で、発表されていないことが指摘された。プロジェクトは今後年内にWynnの取締役会で承認が諮られる。

アップデート - Crystal Lagoonsがラスベガス創始者スティーブ・ウィン氏と提携し、世界の娯楽の殿堂にビーチライフを出現させる

Crystal Lagoonsは米国のラスベガスで契約した新プロジェクトによって、国際的に大きく前進した。世界の娯楽の殿堂ラスベガスには何でもあるが、ビーチのライフスタイルに欠ける。Crystal Lagoonsはその技術とコンセプトを生かしてその課題に取り組む。

Photo- リンク
Photo - リンク

Crystal Lagoonsは、世界の大人の娯楽の中心地であるラスベガスを創り上げた大物実業家スティーブ・ウィン氏と提携した。Crystal Lagoonsはラスベガスの有名なメインロード「ストリップ」街に透明な水晶のような水をたたえた大きなラグーンを出現させる。

新プロジェクトはCrystal Lagoonsが米市場で収めた成功を世界が認めたことを示す。同社は米市場参入後1年のうちに既に全米各州で11のプロジェクトを契約し、ほかの州でも44のプロジェクトを検討している。総投資額は534億米ドルに上る。

Crystal Lagoonsのラスベガス・プロジェクトで特筆すべきは、ラスベガス中心部にある唯一のゴルフ場がその敷地となる予定であることだ。このゴルフ場敷地が12.1ヘクタールの透明なラグーンに変わるが、同社にとっては米国における大きな一里塚になる。ゴルフ人気の高い土地でも用地を得るという、世界最高のアメニティーの世界的成功を改めて象徴する。

総面積12.1ヘクタールを有するラスベガスのラグーンはCrystal Lagoonsの米国の施設としては最大の規模で、最新の設計により中央には島が配置され、ゴンドラが浮かび、連日花火ショーやウォータースポーツの実演が繰り広げられる。ホテルやコンベンションセンター、ショッピング街、さまざまなグルメ料理店がラグーンを取り囲む。

Crystal Lagoons USAのウーリ・マン最高経営責任者(CEO)は「スティーブ・ウィン氏は現在ラスベガスやマカオ(中国)など世界で最も重要なプロジェクトにかかわっており、この提携の将来性は非常に高い。ウィン氏の成功方式はディズニー・ワールドのような娯楽に特化した街を生み出したが、世界中の大人のためには豪華ホテル、カジノ、ショッピング街、世界クラスの劇場を集めた」と語った。ウィン氏の最も有名なリゾート地としてはベラージオやザ・ミラージュ、ゴールデン・ナゲット、トレジャー・アイランドがある。

最後にウーリ・マン氏は「ラスベガスのCrystal Lagoonsプロジェクトで創業者フェルナンド・フィッシュマン氏の夢が実現する。フィッシュマン氏は初期にドバイやラスベガスのような世界の娯楽の殿堂に透明なウォーター施設を出現させることを夢見ていた」と述べた。

ウェブサイト:www.crystal-lagoons.com ; www.fernandofischmann.com
企業ビデオ:リンク

▽報道関係問い合わせ先
Quorum Comunicaciones
+56-2-22291886
info@quorumcomunicaciones.cl

ソース:Crystal Lagoons


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。