logo

 営農型太陽光システム(シェアソーラー)の販売予約がスタート

サンリッチジャパン株式会社 2016年04月13日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月12日

サンリッチジャパン株式会社

営農型太陽光システム(シェアソーラー)
「Sunshare Farm」 「Sunshare Garden」 の販売予約がスタート

太陽光メーカーのサンリッチジャパン株式会社(本社:新潟県 代表取締役石倉茂雄)
は、環境事業を主とした事業展開をおこなっており独創的な企画商品の提案を行って
おります。また、35年間、新潟での住宅事業で培ったノウハウを活かし、ゼロ・エネルギー
住宅実現のためZEH化コンサルティングの事業を首都圏エリアにて展開をスタートしました。

<営農型シェアソーラーの企画商品>
この度、サンリッチジャパンにて企画開発をしておりました
営農型シェアソーラーシステムの販売予約を5月より正式にスタート致します。

サンリッチの営農型シェアソーラーの特徴
(1)農作物の生育の観点から見た影の作り方に拘り、遮光率・光飽和点等も
   意識したシステムを構築しています。
(2)汎用性のある企画架台
   菜園・農園・ハウス栽培等で農作物の育成
   カーポート・倉庫・重機等や物置への転用
(3)省コストを一番に考えた商品

サンリッチジャパンは、社会問題化した耕作放棄地対策に乗り出します。
各農業法人・農業団体等との提携を進め、
先端モデル農業事業の取組を推進して参ります。
また、地方創生でサンリッチシェアソーラーを活用し、太陽光で街づくりをテーマにした
「営農型太陽光住宅 サンリッチおひさまタウン」構想も展開していきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。