logo

公立学校共済組合、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」を採用

~メールシステムのセキュリティ強化及びBCP対策の実現~

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、公立学校共済組合において、当社のクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)が採用されたことを発表いたします。



[画像1: リンク ]



公立学校共済組合は、地方公務員等共済組合法に基づいて設立された法人で、公立学校の教職員をはじめ、都道府県教育委員会に所属する職員などにより組織されています。共済制度のご案内、各種給付、貸付制度、健康管理事業に関することなど、組合員の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とした事業を行っています。

公立学校共済組合では、先の日本年金機構の情報流出事案を契機に情報管理の強化を目的として、業務用ネットワークと外部(インターネット)接続用ネットワークを分離し、メールシステムの再構築の検討を行う上で、メールシステムへのセキュリティ対策の強化及びBCP対策を実現するため、いつでも手軽に利用でき、また保守・運用においてもコストや負荷の軽減ができ、かつ大規模なメールシステムでの運用実績を有するサイバーソリューションズのクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」を採用することとなりました。

「CYBERMAILΣ」は、業界一の100GBメールBOXを提供し、直感的で操作性が良く、携帯電話やスマートフォンから、どこでも安全に利用できるので、社員の利便性向上に役立ちます。また、WEBメールのため、ローカルにデータが残らず、PCや端末の紛失や盗難による情報流失も解消され、メールアーカイブ機能により、記録が残ることによる不適切な利用の防止にも繋がります。そして、アンチウイルスやアンチスパムのセキュリティ機能が標準装備されているので、危険なメールの流入の排除により、スパムメールやマルウェア付きメールへの対策も安心です。
[画像2: リンク ]

【導入製品】CYBERMAILΣ 公式サイト:www.cybersaas.jp

サイバーソリューションズは、メールソリューションの専門ベンダーとして、オンプレミス型からクラウド型メールサービスまで、トータルな企業向けメールソリューションを提供しており、日本企業の独自のニーズに柔軟に対応して、いつでも安心して利用できるメールシステムを提供することに注力していきます。

-------------------------------------------------
<サイバーソリューションズについて>
[画像3: リンク ]



サイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約15,000社以上の企業で利用されている高性能WEBメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績NO.1(※)のメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム「MailGates」を開発、販売しております。平成21年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド型の「CYBERMAIL∑」として提供するサービス事業も開始しました。

日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。(※)富士キメラ総研※「2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より

・会社名: サイバーソリューションズ株式会社
・設立日: 2000年1月
・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売、クラウド/ASP事業、WEBソリューションのコンサルティング及び開発
・HP : リンク
・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8 階
・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860

◇製品やサービス関するお問合わせ
サイバーソリューションズ(株) 営業本部
TEL:03-6809-5850 (sales@cybersolutions.co.jp)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。