logo

ランサーズ、フリーランス実態調査2016年版を発表!一億総活躍、働き方を自ら選ぶ国内フリーランス人口は1,064万人に!

~進むオンライン化、7人に1人がオンラインで仕事を獲得~

安倍内閣は、今年5月の一億総活躍プラン策定に向け、官民あげての副業規定の改正や介護離職ゼロに向けた議論を加速させています。働き方への価値観が急激に変化している今、ランサーズは、全国の20-69歳男女(3,000人)を対象に「フリーランス実態調査」を実施しました。本調査では、日本における広義のフリーランス数が1,064万人に達し、昨年度対比で17%増加していました。また、その45%が「自由」な働き方が出来ることがモチベーションだと回答しており、多様な働き方を望む人々が、フリーランスとしての働き方に関心をもち、実際に行動していることが明らかになりました。




◆広義のフリーランスは1,064万人(労働力人口の16%)に増加
[画像1: リンク ]

ランサーズは、過去12ヶ月に仕事の対価として報酬を得た全国の20-69歳男女(3,000人)を対象に「フリーランス実態調査」(2016年版) を実施しました。今年二年目となる調査では、広義のフリーランスの数が1,064万人と、昨年度対比で17%増加していました。米国が5,300万人から5,400万人と1年で2%の増加率であるのに対し、日本ではそれを上回るスピードでフリーランスが増えていることが明らかになりました。


◆フリーランスの働き方4タイプに分けられる!

[画像2: リンク ]

昨年度の調査で明らかになった、副業系すきまワーカー、複業系パラレルワーカー、自由業系フリーワーカー、自営業系オーナーの4タイプのうち、特に複業系パラレルワーカーの数が昨年に比べて3倍近くと急増しているのが目立ちます。

◆7人に1人はオンラインで仕事獲得!
合わせて注目すべきは、オンラインで働くフリーランスが150万人となり、その割合が12%から15%と増加していることです。アメリカにおいてもフリーランスのオンライン化がこの1年間で42%から51%と急増しており、日本においてもこのオンライン化の波は続いていくものと考えられます。

◆モチベーションは「自由」、障壁は「不安定さ」
[画像3: リンク ]

米国のフリーランスは「収入」をモチベーションに上げることが多い一方で、日本では、45%の人が「自由」な働き方を求めてフリーランスになっていることが分かりました。その一方で53%の人がフリーランスになることへの障壁として「収入の不安定さ」また、「社会的信用のなさ」を挙げていました。


◆実践者や検討者の声(フリーランスへの憧れと不安)
[画像4: リンク ]

今後の働き方として、副業や独立を検討しているかの質問に対し、回答者の73%は「副業したい」と回答しています。副業としてフリーランス経験に関心がある方は、以下のようにフリーランスへの憧れと不安を回答しています。



「フリーランスは、自立して生活の糧を得ることができている人。中には苦しい人もいるだろうが、好きで選んだ道であるから不安はあっても不満はない生き方をしている」(40代男性、自営業系個人オーナー)
「固定収入を得る労働は時短にして、より多くの時間を自分が真に興味があり、評価される仕事に回したい」(40代女性、副業系すきまワーカー)



◆フリーランス実態調査2016年版(一部抜粋)
調査内容の詳細は、THE LANCER上の「フリーランス実態調査」(リンク)ページより、ご覧いただけます。※上記の調査結果をご使用の際は、出典元へのリンクをお願い致します。

◆フリーランスの性別と年齢
[画像5: リンク ]

◆フリー年収と、年収入におけるフリーの収入比率
[画像6: リンク ]

◆フリーランスについての印象
[画像7: リンク ]


※本リリース(PDF)は、下記よりダウンロードしご覧いただけます。
リンク

◆「Lancer of the Year 2016」について:リンク
「Lancer of the Year」とは、スキルや経験を活かし、時間や場所にとらわれない「新しい働き方」を体現したフリーランスを表彰するセレモニーです。次世代ワークスタイルのロールモデルとなる個人に対して、その活躍を讃えます。「Lancer of the Year 2016」においては、2015年中に「新しい働き方」を実践したフリーランス19名を招いた授賞式、有識者によるパネルディスカッション、来場者全員による交流会を実施しました。

◆ランサーズ株式会社について:リンク
ランサーズ株式会社は、「時間と場所にとらわれない新しい働き方を創る」ことをビジョンに掲げる日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」(リンク)の運営会社です。企業の経営資源のオープン化を人材活用の側面から支援することで、企業経営の効率化や新事業の創出によるイノベーションの加速に寄与しています。また、地方自治体や行政との協力・提携を通じて、東京一極集中を是正し、日本全体に仕事の再分配が行われる仕組みを広げています。正社員、非正社員に続くフリーランスという「第3の働き方」を広く発信し、『個人のエンパワーメント』の実現を目指しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事