logo

FintechベンチャーのFinatext、カブドットコム証券と協業して独自の注目株シグナル『ソーシャルモメンタム』を提供!

株式会社Finatext 2016年04月08日 17時00分
From PR TIMES

2014年設立Fintechベンチャーの株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役:林良太、以下「Finatext」)は、カブドットコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:齋藤正勝、以下「カブドットコム証券」)と協業し、Finatextの持つ独自アルゴリズムを使用して、カブドットコム証券の運営する『kabuステーション』へ注目株シグナル『ソーシャルモメンタム』を提供いたします。



[画像: リンク ]



 Finatextは日本一株予想が集まる株アプリ『あすかぶ!』など金融のモバイルアプリを運営しており、同時にユーザーの予想情報や膨大なコメントなどのビッグデータを利用して、日々データの収集・解析を行っております。

 この度の協業においては、『あすかぶ!』の運営やデータ分析で培った、株式銘柄の値動きやSNS情報、そしてFinatext特有のデータを組み合わせて独自の注目株シグナルを提供してまいります。

 カブドットコム証券は2016年1月にFintech領域における先端研究・事業開発を行う社内プロジェクトチームとして、「kabu.com Fintech-Lab」を設立しており、株式・先物・オプションに対応したAPIを提供しています。

 この度の協業を機に、今後Finatextは「kabu.com Fintech-Lab」とAPI連携等による協働の推進により、従来のアナリストの主観と一線を画したデータドリブン型の投資情報の拡充を行うことで、個人投資家ならではの着眼点による銘柄選びをサポートしてまいります。

(配信について)
・配信開始予定:2016年4月14日(木)
・ご利用料金:無料(※)
・配信チャネル:kabuステーション(PC向け取引ページ、スマートフォンアプリは順次対応予定)
※kabuステーションはカブドットコム証券に信用口座をお持ちの方は無料のサービスとなります。
詳細はこちら( リンク


◆株式会社Finatextについて
 2014年設立の東京大学発Fintechベンチャー企業。金融に関する豊富な知識・経験を基盤に、それを誰にでも分かりやすいUI/UXに落としこみ、非常に短い期間で開発を行う技術力を持ちあわせております。モバイル金融サービスの開発・企画・運営に強みを持っており、日本一株予想の集まるアプリ『あすかぶ!』やFXアプリ『かるFX』、投信選びをサポートするアプリ『Fundect』、そして独自の投資信託のデータベースである『AssetArrow』を開発・運営しております。また、2015年度に行われたマレーシア最大の銀行Maybank主催のFintechコンテストにおいて日本企業で唯一選抜され優勝するなど、グローバル展開も注力しております。

◆「kabu.com Fintech-Lab」について
 カブドットコム証券は、2016年1月、フィンテック(金融のIT化)領域における先端研究・事業開発を行う社内プロジェクトチームとして、「kabu.com Fintech-Lab」( リンク )を設立いたしました。「kabu.com Fintech-Lab」は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のイノベーション・ラボや米国シリコンバレー駐在チームとの先端情報交換をはじめ、MUFG FinTechアクセラレータ2016への代表執行役社長齋藤のメンター参加など、MUFG各社との連携によるイノベーションの創出、社外有識者も活用した知見の集約・情報発信を中心とした活動を行っております。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事