logo

パラグアイ陸上競技連盟派遣中の青年海外協力隊が大学系クラウドファンディングでプロジェクト開始

TFF 2016年04月08日 07時00分
From PR TIMES

~パラグアイ全土で日本のノウハウが詰まったトレーニング・研修会を展開し、 東京五輪出場選手を発掘・育成する~

筑波大学出身経営者の会(筑波みらいの会)が支援する一般社団法人 筑波フューチャーファンディング(本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木 敦也、以下 TFF)は、2016年4月8日より日本初の大学系クラウドファンディングプラットフォームTFFにて、「【パラグアイ陸上競技連盟】日本のスポーツ科学知を南米パラグアイへ」のプロジェクトを開始いたしました。

▼TFF  リンク



■クラウドファンディング概要
地球の裏側にある、日本とほぼ同じ面積の国パラグアイを皆さまはご存知でしょうか?サッカー好きの方ならFK職人のGKチラベルトの出身国、2010年のW杯 南アフリカ大会で日本が負けた国と連想すると思いますが、ほとんどの方には馴染みがない国と思います。しかし実際には日系人7,000人が住み、東日本大震災の際は「100万丁豆腐プロジェクト」を立ち上げ大豆と加工費を日本へ支援してくれた大の親日国です。
[画像1: リンク ]

ここパラグアイに、筑波大学を2年休学し、陸上競技を教えに行っている青年海外協力隊(水島)がいます。貧困層が国民の4割を占めるパラグアイでは、夢を見つけられない子どもたちが非行に手を染めてしまうケースが多く、子どもたちが夢を見つけられる「トップアスリートの育成・スポーツの普及」は大きな課題となっており、水島は陸上競技の側面からこの課題にチャレンジしています。
[画像2: リンク ]

今年4月30日~5月9日には、外務省予算でパラグアイ選手・コーチと共にジャパンツアーを行い、国際大会出場・筑波大学での科学的トレーニング・コーチの研修会などを行い、そこで得られた知見をもとに5月からパラグアイ全土で東京五輪出場選手の発掘・育成を視野に入れた日本のノウハウが詰まったトレーニング・研修会を開催していきます。
[画像3: リンク ]

(ジャパンツアーで来日し、5/3静岡国際陸上へ出場するFredy Maidana選手)

今回のクラウドファンディングでは、5月からパラグアイ全土で展開する「東京五輪選手発掘・育成を視野に入れた、日本のノウハウが詰まったトレーニング・研修会」実施に必要な器具費・運営費など10万円を募集させていただきます。どうかご支援の程宜しくお願い致します。

■クラウドファンディング参加方法
大学系クラウドファンディングプラットフォーム「TFF」(リンク)よりお申込みください。

■クラウドファンディング達成後の流れ
ジャパンツアー後の2016年5月より「東京五輪選手発掘・育成を視野に入れた、日本のノウハウが詰まったトレーニング・研修会」をパラグアイ全土で順次展開していきます。
[画像4: リンク ]

クラウドファンディングにご協力頂いた皆様にはパラグアイ選手・コーチからのサンクスレターやパラグアイ陸上連盟公式サイトへのお名前掲載のほか、パラグアイ伝統工芸品・陸上連盟Tシャツのプレゼントや2017年7月に行う水島帰国報告会へのご招待などを金額に応じてプレゼントいたします。

■会社概要
商号 : 一般社団法人 筑波フューチャーファンディング
代表者 : 代表理事 佐々木 敦也
所在地 : 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町11番7号 ビーエム兜町ビル5階
設立 : 2014年5月
事業内容: (1)日本初の大学クラウドファンディング運営
      (2)起業・経営コンサルティング
      (3)経済活性化等の調査・研究
URL  : リンク

■本件に関するお問い合わせ先
企業名 : 一般社団法人 筑波フューチャーファンディング
担当者名: キュレーター/染谷 悟、 代表理事/佐々木 敦也
TEL : 03-5623-2920
Email : s.someya@tff.or.jp、 a.sasaki@tff.or.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。