logo

聴覚障がいのあるお客様のご利用をより円滑に

株式会社京王プラザホテル 2016年04月07日 10時00分
From Digital PR Platform


京王プラザホテル(東京:西新宿)は聴覚障がいのあるお客様により円滑なコミュニケーションでホテル利用をお楽しみいただくため、5月1日(日)よりホテル業界としては初めてタブレット端末とWi-fiを用いた音声文字変換システムと遠隔手話サービスを導入いたします。
これにより、フロントでのチェックインや客室内からの各種お問い合わせ等をよりスムーズに文字や手話を通じてしていただけるようになるほか従来対応していたフロント-客室間の手書きによる筆談コミュニケーションも同じタブレットを使用してより迅速に行えるようにいたします。タブレットはご宿泊のお客様に無料で貸与いたします。

このたび導入するシステムは、株式会社プラスヴォイス(宮城県:仙台市)の提供するサービスを利用するもので、ホテル業界では初めての採用となります。手話通訳についてはプラスヴォイスの手話通訳コールセンターにつながり、8:00a.m.から9:00p.m.の間、手話通訳オペレーターが対応します。また、タブレット端末にはマイクとスピーカーがセットされており、音声認識装置による文字変換機能によりホテルスタッフとお客様の間のコミュニケーションに活用いたします。ホテル内であれば1つの端末を目の前にしてお客様同士のコミュニケーションにもご利用いただけます。

京王プラザホテルのバリアフリー推進は1988年にリハビリテーション世界会議が開催されたのを機に、長年に亘り様々な形で、業界に先駆けて行ってまいりました。ユニバーサルルーム(10室)や補助犬専用トイレなどハードの設置だけでなく各種社内講習会やプロジェクトを積極的に実施し、ソフト面でもユニバーサル対応を強化しております。
聴覚障がいのあるお客様に対しては、客室でのノックの音やファックスの着信、目覚まし時計、緊急時の放送を、天井灯の点滅やクッションの振動、ベッドボードのナイトパネルやバスルーム内装置への表示でお知らせするシステムを配備してご好評いただいております。フロント-客室間のコミュニケーションについてはこれまで筆談器を設置し対応しておりましたが、この度のシステム導入でより広範な場面で迅速にコミュニケーションのサポートができるようになります。また、同システムは 聴覚障がいのある従業員とのコミュニケーションにも使用し、CS・ES両面での活用を考えております。今後もより多くの方に、そしていつもご利用頂いているお客様に1日でも長くご利用いただけるよう、ソフト・ハード両面でユニバーサル対応に取り組んでまいります。

<バリアフリー推進の歴史>
1988年 ユニバーサルルーム(当時)15室設置
1996年 振動・点滅による伝達装置設置
1999年 液晶ドアスコープ設置/音声情報案内システムトーキングサイン導入/社員手帳にバリアフリー頁を追加
2002年 ユニバーサルデザインルーム10室設置/社内プロジェクト バーズアイ発足
2003年 本館2階ユニバーサルトイレ設置
2004年 宴会場に磁気ループシステム設置開始
2007年 補助犬専用トイレ設置
2013年 ユニバーサルマナー検定取得開始(154名取得済み)
2013年 全国障害者スポーツ大会オフィシャルホテル
2015年 バリアフリー特典付ウエディングプラン発売
2016年 従業員用ユニバーサルトイレ設置


■本件に関するお問合わせ先
株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報  斎藤 潤子・ 石川 綾子 ・ 佐藤 亜紀
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
リンク


■関連リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。