logo

アルツハイマーを宣告された弁護士の人生と愛とはーイ・ソンミン主演、ジュノ(2PM)ドラマ初出演作品「記憶(原題)」Mnetで6月より日本初放送決定!

CJ E&M Japan株式会社 2016年04月06日 19時41分
From PR TIMES

―消えていくほどに大切なものが見え始めましたー
アルツハイマーを宣告された弁護士の人生と愛とは
イ・ソンミン主演、ジュノ(2PM)ドラマ初出演作品
「記憶(原題)」
Mnetで6月より日本初放送決定!




[画像: リンク ]



このたび、CJ E&M Japan 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:劉永敏Youngmin Yu)が運営し、今年3月に開局10周年を迎えた韓国100%エンターテインメントチャンネルMnetでは、韓国tvNで3月18日よりスタートし話題沸騰中のドラマ「記憶(原題)」を6月より日本初放送することとなりました。

「記憶(原題)」は、アルツハイマーを宣告された40代半ばの弁護士パク・テソクが、残りの人生を全てかけ最後の弁論に挑む法廷ミステリーでありながら、記憶を失っていきながらも最後まで守りたい自分の尊厳と家族の愛を描いた物語。

記憶を失うことは、世界、そして苦痛とも断絶すること。今まで成功することが全てだと思っていた人生を振り返り、心が離れてしまっていた家族との関係をどう修復していくのか、ドラマ「魔王」「復活」などミステリアスで重厚な作品を手がけてきたパク・チャンホン監督と、名作家キム・ジウ脚本家が作る世界観は、韓国でも注目を集めています。

主人公の弁護士パク・テソンを演じるのは、「未生-ミセン-」のオ課長役の名演技で一躍ブレイクした演技派俳優イ・ソンミン。苦労を重ねながらも、TVのコメンテーターもつとめる有名弁護士としての絶頂期から、他人事だと思っていたアルツハイマー病を宣告され、苦悩を抱えながらも病と向き合うという難しい役柄を抜群の演技力で表現。

2PMのジュノは、パク・テソクの後輩弁護士で秀才かつ完ぺき主義者のジョンジン役で、ドラマ初出演。完ぺき主義でめんどうな自分を唯一受け入れてくれたテソクを慕い、アルツハイマー病にかかったテソクを同じ法律事務所で働くユン・ソヒ演じるポン・ソナとサポートしながらも、記憶を失っていくテソクに何ができるのか自問自答しながら成長していく青年をさわやかな魅力で演じます。

視聴者をドラマの世界に一気に引き込む演技派俳優イ・ソンミン、俳優としての評価を高めているジュノ(2PM)、そしてテソンを支える優しい妻ソ・ヨンジュを演じるキム・ジス、テソンの元妻ナ・ウンソンを演じる3年ぶりのドラマ復帰となるパク・ジニらの演技に心を揺さぶられます。「記憶(原題)」、6月よりMnetにて日本初放送。ぜひご覧ください。

(C)CJ E&M CORPORATION, all rights reserved

【Mnet放送情報】
「記憶(原題)」 1話先行放送
2016年 6月5日(日)

「記憶(原題)」 2016年6月~日本初放送スタート
2016年 tvN制作 / 全16回 / 各75分 / 字幕放送
脚本:キム・ジウ 演出:パク・チャンホン
出演者:イ・ソンミン、ジュノ(2PM)、キム・ジス、パク・ジニ他

番組ページ
リンク

CS放送 【Mnet】 リンク
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能
視聴方法 リンク
Mnet Twitter @Mnet_Japan
Mnetカスタマー TEL:03-3502-3141 (Weekday 10:00-12:00/13:00-18:00)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。