logo

チェック・ポイント、中堅・中小規模企業固有のニーズに応える本格セキュリティ・アプライアンスを発表

ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するCheck Point® Software Technologies Ltd.(NASDAQ: CHKP、インターナショナル本社:イスラエル、会長兼CEO:ギル・シュエッド)は本日、中堅・中小規模企業(以下、SMB)向けの新製品チェック・ポイント700シリーズ・アプライアンスを発表しました。予算やリソース上の制約から、強固なセキュリティ対策を講じることが難しいSMBでは、同アプライアンスの導入により、高度なサイバー犯罪やゼロデイの脅威を感じることなく、事業の革新と拡大に専念することが可能となります。新開発の専用ハードウェアを採用する700シリーズ・アプライアンスは、高速なインターネット接続環境をフル活用できるネットワーク性能(ファイアウォール・スループットは最大4 Gbps、すべての脅威対策機能を有効にした場合のスループットは最大200 Mbps)と、シンプルで使いやすいWebベースの管理プラットフォームを備えながら、SMBの限られた予算でも導入しやすい手頃な価格帯を実現しています。

世界銀行の統計によると、世界各国で登記されている企業の90%以上はSMBに該当します。小売店舗から国際的に事業展開する企業まで、SMBの業態はさまざまですが、経済がオンライン化・デジタル化した今日、SMBの社会的な役割は大きくなるばかりです。先端技術の開発や社会変革の分野でも存在感を発揮しており、脅威を増すサイバー犯罪者の標的になるケースが少なくありません。

チェック・ポイントの製品管理担当副社長ガビ・ライシュ(Gabi Reish)は、「昨今のサイバー犯罪者は、データ窃取の手口をさらに進化させるだけでなく、意欲的に事業展開するSMBにまでターゲットを広げています。新製品の700シリーズ・アプライアンスは、このような脅威に対応できるエンタープライズ・レベルの性能と、SMBで求められる即応性および柔軟性を兼ね備えています」と述べています。

700シリーズ・アプライアンスは、Network Worldの「Best Unified Threat Management (UTM) for Small Business Security」を過去2年連続で受賞した600シリーズ・アプライアンスの後継製品です。730と750という2つのモデルが用意されており、どちらも小規模環境向けに最適化、簡素化されたエンタープライズ・レベルのセキュリティ機能を備えています。ファイアウォール、VPN、アンチボット、侵入防御(IPS)、アンチウイルス、アンチスパム、アプリケーション制御、URLフィルタリングの各機能を標準搭載するほか、ネットワーク・セキュリティの監視を追加で有効化できます。「小さな筐体で大きなセキュリティ」を実現した700シリーズ・アプライアンスは、SMBを支援する次の特徴を備えています。

・ 高度な保護機能 : 巧妙なセキュリティ脅威は、複数の段階を経てネットワークに侵入、潜伏するため、容易には検出できません。700シリーズ・アプライアンスは、業界最先端のファイアウォールと高度なIPSおよび検出技術を備えており、巧妙なサイバー攻撃にも対応できます。

・ 常時の監視体制 : Security Management Portal(SMP)およびSMBクラウド管理と自動検出および防御技術により、インターネット接続環境を包括的に保護できます。セキュリティ・インシデントの発生をリモートから常時監視できるため、セキュリティ脅威動向が急速に変化し、高度化する中でも、ネットワークの安全性を維持できます。

・ シンプルなセキュリティ : 分かりにくい機能、使われない機能を過剰搭載した複雑なシステムは、管理が困難です。700シリーズ・アプライアンスは、人手不足などで管理に手が回らない環境向けに設計されています。設定は容易で、監視やレポーティングをシンプルに行うことができ、ゼロタッチでの導入も可能です。

SMB向けセキュリティ製品の大手ディストリビュータで、チェック・ポイント『2014-2015 Best SMB Distribution Partner』を受賞した株式会社宝情報のテクニカル・マネージャーを務める大畑共央氏は、次のように述べています。「チェック・ポイントの700シリーズは、SMB固有のニーズに最適なソリューションです。最新の脅威対策機能を搭載し、容易に導入、運用できるよう設計された同アプライアンスがあれば、SMBにおけるセキュリティ上の課題を解決し、企業本来のビジネス価値の提供に専念できます。」

■ 受注開始時期
チェック・ポイント700シリーズ・アプライアンスは、発表同日から受注が開始されます。同アプライアンスには730と750という2つのモデルが用意され、脅威対策有効化時のスループットは、730が100 Mbps750が200 Mbpsとなります。各モデルにはWi-Fi(802.11ac)をオプションで追加することができます。
※価格につきましては、弊社営業本部SMB担当までお問い合わせください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事