logo

東洋学園大学が4月12日からワンアジア財団の助成による特別講座 第2弾「伝統と未来 -- アジア共同体の思想的ルーツを探る」を公開講座として開講

東洋学園大学 2016年04月06日 08時05分
From Digital PR Platform


東洋学園大学(学校法人東洋学園/本部:東京都文京区本郷/理事長:江澤雄一)は、2016年度前期のカリキュラムで特別講座「伝統と未来―アジア共同体の思想的ルーツを探る」を開講する。これは、昨年から設置した一般財団法人ワンアジア財団の助成による講座で、国内外のアジア問題専門家を講師として招請し、全14回の講義を行うもの。同大の学生が科目として履修するほか、一般の方も無料で受講可能な公開講座として開講する(要事前登録)。


■政治・経済評論家の徳川家広氏、中国曲阜師範大学教授の崔茂新氏ら多彩な講師が登壇
 特別講座「伝統と未来―アジア共同体の思想的ルーツを探る」は、4月12日(火)から毎週火曜日の13:00~14:30に、全14回の講義を実施する(※5月3日(祝)は休み)。

 今期は、アジアに広く伝播する儒教をめぐり、孔子の出身地である曲阜から崔茂新氏(中国曲阜師範大学教授)を、また儒学を学び日本の国学を作った江戸幕府について知る徳川家の子孫・徳川家広氏らを招請。そのほか、一人の講師が一回の講座を担当する形で、アジアの歴史、思想、政治、経済、科学技術など幅広い分野の第一人者を招請し、複合的な視点でアジアの過去、現在と未来について学ぶ。

 また、同講座を履修する在学生のうち優秀な成績を収めたものには、ワンアジア財団からの奨学金助成が行われる。

【講師陣※敬称略、順不同】
・朱建榮(東洋学園大学教授)
・鄭俊坤(ワンアジア財団首席研究員)
・久保孝雄(アジアサイエンスパーク協会名誉会長、元神奈川県副知事)
・岡田充(共同通信客員論説委員・元台北支局長)
・崔茂新(中国曲阜師範大学教授)
・野田泰三(株式会社セラリカNODA取締役社長)
・徳川家広(政治・経済評論家、徳川記念財団理事)
・村田忠禧(横浜国立大学名誉教授)
・小坂文乃(松本楼代表取締役副社長)
・村石恵照(武蔵野大学客員教授)
・叶芳和(経済評論家)
・沖村憲樹(独立行政法人科学技術振興機構特別顧問、元理事長)、
・福川伸次(東洋大学理事長、元通産省事務次官)、
・佐藤洋治(ワンアジア財団理事長)

※4月1日現在の情報です。
 講義日程および内容については添付資料をご参照ください。

 なお、同講座はグローバル・コミュニケーション学部の専門科目として開講され、在学生が履修するほか、一般の方も公開講座として無料で受講可能。開講場所は東洋学園大学東京・本郷キャンパス。
※受講希望の方は東洋学園大学ホームページ( リンク )からの事前登録が必要です。事前登録の方法等、詳しくはホームページをご覧ください。

▼本件に関する問い合わせ先
 東洋学園大学 広報室 (担当:大内・大橋)
 TEL: 03-3811-1783
 FAX: 03-3811-5176
 E-mail: koho@of.tyg.jp
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。