logo

徳島県徳島市公式ウェブサイトをリニューアル

歴史・伝統ある「水都」の魅力を全国に向けて発信し、徳島市のブランド力を向上 ウェブアクセシビリティJISの等級AAに準拠、AAA一部準拠し、誰もが使いやすいウェブサイトを実現



[画像1: リンク ]



株式会社四国日立システムズ(取締役社長:油屋 喜二雄/以下、四国日立システムズ)は、株式会社日立公共システム(取締役社長:栗原 勘仁/以下、日立公共システム)とともに、徳島県徳島市公式ウェブサイトのリニューアルを実施し、2016年4月1日より公開しました。
リニューアルにおいては、日立公共システムが提供する自治体向けCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb(フォーユーウェブ)/CMS」を導入するとともに、徳島県内の自治体で初めてとなる「ウェブアクセシビリティJIS」の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に準拠しました。従来手作業で行っていたウェブサイトの運用をシステム化することで、市民サービスの品質向上だけでなく業務継続性向上・作業負荷軽減も実現しました。

リンク

吉野川をはじめ大小138の川が縦横に流れる徳島市は、四季折々の雄大な景色を楽しめる「水都」として知られています。また、「阿波おどり」をはじめ、数多くの文化が育まれてきた歴史・伝統ある町として人気があります。近年では、市のさらなる発展をめざして、地域・経済の活性化や人口減少・少子化対策、防災・減災対策の推進といった諸施策の展開に市を挙げて取り組んでいます。

このような背景のもと、今回徳島市は、市民だけでなく全国に向けた情報発信力を強化することで、徳島ブランドのさらなる向上を図りました。また、誰もが利用しやすく、「徳島市に行ってみたい」「住んでみたい」と感じてもらえるようなウェブサイトをめざしました。

具体的には、市の魅力や観光情報、子育て世代や高齢者向けの情報を拡充するとともに、市への移住を支援するサブサイト「えーとこじょ!とくしま」を新設しました。本サイトは、市での生活をイメージさせるとともに、移住・定住を具体的に検討できる情報を提供するものです。市民および移住経験者の声も募集し、若い世代を中心にリアリティの高い情報発信を行っていく予定です。

デザインも大きく刷新し、トップページのブランディングエリアに風光明媚な写真と市の主要スポットを描いたイラストを重ねることで、「水都」の魅力を表現しました。昼夜2バージョンの画像が自動的に切り替わる仕様としたため、利用者に楽しみを提供することができます。また、市の魅力発見コーナーおよびサブサイトへと効果的に誘導するエリアをトップページに配置するなど、利用者へ情報が確実に届くような構成としました。レイアウトは利用者の自然な目線の流れに配慮し、リンクテキストやボタンに余計な装飾を省いたフラットデザインを採用しました。これにより、タブレット端末や今回新設したスマートフォン版サイトでも、迷うことなく直感的に操作することができます。

そのほか、詳細ページへスムーズに誘導する複数検索パターンの提供、Googleマップ™を活用した市内施設マップの導入、文字や画像のサイズ・色の変更、音声読み上げなどが可能な閲覧支援ツール「ZoomSight」の導入なども行い、ウェブサイトの検索性・利便性を高めました。

なお、今回は「4Uweb/CMS」を導入することで、これまで手作業で行っていたウェブサイトの運用をシステム化しました。これにより、専門知識がない職員でもWebアクセシビリティに配慮したコンテンツを簡単に作成できるようになり、申請・承認などにかかっていた時間も大幅に削減されました。SNSやスマートフォン版サイトを含むすべてのページは、「4Uweb/CMS」の操作画面から一括で登録できるため、緊急時においても迅速かつタイムリーな情報発信が可能です。

■徳島県徳島市公式ウェブサイトリニューアルのポイント
・市の魅力や特色を発信するコンテンツおよび移住促進サイトの新設
・昼夜で自動的に切り替わるトップページのブランディングエリアデザイン
・スマートフォン版サイトの新設・閲覧支援ツールの導入などによる利便性向上
・職員の負荷を抑え、迅速かつタイムリーな情報発信を行えるCMSの導入
・ウェブアクセシビリティJISの等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)への準拠

[画像2: リンク ]


■徳島県徳島市公式ウェブサイト
リンク

■「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」に関するウェブサイト
リンク

■「4Uweb/CMS」に関するウェブサイト
リンク

■商標注記
・Googleマップは、Google Inc.の登録商標または商標です。
・その他、記載の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■報道機関お問い合わせ先
株式会社日立公共システム 経営企画部 広報渉外G [担当:森崎・照屋・原]
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号
電話:03-5632-1338 (直通)
E-mail:news-release@ml.hitachi-gp.co.jp

■お客さまお問い合わせ先(徳島県のお客さま)
株式会社四国日立システムズ
営業本部 公共・社会・金融営業部 公共営業グループ [担当: 久米 喬]
〒760-0007 香川県高松市中央町5番31号 中央町ビル
電話: 087-836-0501(直通)
E-mail:takashi.kume.uh@hitachi-systems.com

■お客さまお問い合わせ先(徳島県以外のお客さま)
株式会社日立公共システム 経営企画部 広報渉外G [担当:森崎・照屋・原]
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号
電話:03-5632-1338 (直通)
E-mail:news-release@ml.hitachi-gp.co.jp

以上

-----------------------------------------------
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
-----------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。