logo

コーニットデジタル社、「JIAM 2016 OSAKA」で、アジア太平洋地域向けに新製品 Storm Hexaを発表

Kornit Digital 2016年04月05日 13時07分
From PR TIMES

新しいガーメントプリンターでは、再循環式インクシステム、6色のインク構成、高効率の処理能力を実現

デジタル・テキスタイル・プリント技術の世界的なリーダー企業であるコーニットデジタル社(本社:イスラエル、CEO:Gabi Seligsohn、NASDAQ:KRNT)は、日本における長年のパートナーである上野山機工株式会社と協力し、生地に直接プリントできる新しいガーメントプリンター製品「Kornit Storm Hexa(コーニット・ストーム・ヘキサ)」を、4月6日から9日までインテックス大阪で開催されるJIAM 2016 Osaka(国際アパレル機器&繊維産業見本市)で展示(ブース番号:2-201)すると発表しました。



[画像: リンク ]



Kornit Stormシリーズは、市場で好調な売り上げを記録しており、高効率の処理能力を有する、堅牢で信頼性の高い産業用プラットフォームとして高い評価を得ています。

新しい「Kornit Storm Hexa」は、最先端のインクジェット技術を備えた、市場で最も先進的な中規模ビジネス向け産業用ガーメントプリンターです。同製品は、インク消費を低減し、プリント品質の信頼性をより一層高めるインク再循環システム、ならびに従来の「Storm」製品に比べて最大40%まで生産性を向上させる2倍のノズル数を特徴とします。JIAM 2016 Osakaでは、日本市場向けに日本語に翻訳されたオペレーティング・ソフトウェアで本製品のデモンストレーションが行われます。

「Kornit Storm Hexa」は、16個のプリンタヘッドを備え、新しく赤と緑の2色のインクを追加し、フルカラーCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)、赤、緑、白インクをサポートします。販促プロモーションやブランドに関連する衣類のプリントといった、色を重視するガーメントプリントに最適な製品となっています。また、高生産性モードでは、1時間当たり最大170枚の衣類にプリント可能です。

「Kornit Storm Hexa」は、コーニットデジタル社の独自のNeoPigment™プリント・プロセスをベースに開発されており、内蔵プリトリートメント機能、クイック・リプレース・パレット機構、4リットルのインクシステム、湿度調整機能、迅速かつ容易にシステムを起動できるバックアップ電源システムなど、先進の生産性向上機能を備えています。コーニットデジタル社のすべてのプリンター製品は、綿、ポリエステル、混紡、デニム、シルクウールといった、様々な種類の生地に直接プリント可能で、産業用マス・カスタマイゼーション・ソリューションとしての利用に最適です。

上野山機工株式会社の専務取締役の上野山英二氏は次のように述べています。「2006年に初めてのKornitシステムの取り扱いを開始して以来、Stormシリーズは日本で最も売れているガーメントプリンターのひとつとなりました。あれから10年が経ち、この度、コーニットデジタル社では、広範な色再現領域や日本語表示など、日本市場向けに機能強化したKornit Storm Hexaを発表します。当社では、この『Kornit Storm Hexa』が、日本のお客様にとって最適な産業用DTGシステム(生地に直接プリントできる新しいガーメントプリンター製品)になると確信しています」

コーニットデジタル社のマーケティング・ビジネス開発担当バイスプレジデントのGuy Zimmermanは次のように述べています。「生地に直接プリントできるガーメントプリンター、『Storm』シリーズは、10年以上にわたり販売されてきた当社の代表的な製品です。その新世代製品となる、大幅な機能改善を図った『Kornit Storm Hexa』の発表は、当社の産業用システムの効率と性能をより一層向上させる、当社の重要なマイルストーンです。大幅に改善された処理能力、より一層低減されたインク消費量、卓越したプリント品質を特徴とする新しい『Storm』製品は、幅広い分野で最適な生産ツールとなります」

コーニットデジタル社では、「Storm Hexa」に加えて、同製品シリーズのスタンダード機種となる「Storm 1000(ストーム1000)」を発表しました。「Storm 1000」は、CMYKと白インクをサポートし、12個のプリントヘッドを備えます。「Storm 1000」は高生産性モードで、インライン・プリトリートメントを含む、1時間当たり最大170枚の衣類にプリントすることができます。また、印刷可能範囲は最大で50 x 70 cmです。

以上

コーニットデジタル社について
コーニットデジタル社は、ガーメント、アパレル、テキスタイル業界向けに、産業用および商業用プリントソリューションの開発、製造、マーケティングを行っています。自社開発のNeoPigment インクとプリンター前処理工程を統合した独自のソリューションにより、衣料品のデジタルプリント市場を牽引し、デザイナーから製造業者に渡る全工程におけるプリントバリューチェーンのニーズに直接応えます。また、ガーメントに直接プリントを行う豊富な経験を活かし、あらゆる種類の生地に対して、一種類のインクセットでプリントし、さらに最終工程も必要ないシングルステップソリューションを提供することで、コーニットデジタル社はロールテキスタイル業界でも革命を起こしています。

コーニットデジタル社は、2003年に設立され、米国、アジア太平洋、ヨーロッパに複数のオフィスがあり、世界100カ国以上で顧客を有しています。さらに詳細な情報は下記のサイトを参照ください。www.kornit.com

上野山機工株式会社について
上野山機工株式会社は1936年に設立され、会社のビジネスラインにはテキスタイルや衣類業界向けの設備や産業機械の卸売り、販売を含んでいます。さらに詳細な情報は下記のサイトを参照ください。 www.uenoyama.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事