logo

カブク、日本マイクロソフトと協業、Minecraft の3Dプリントを支援

株式会社カブク 2016年04月05日 11時00分
From PR TIMES

次世代のデジタルものづくり教育を子どもたちに! 国内初のMinecraftを利用した学習事業を共同実施

株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:平野 拓也)と協業し、Minecraftの3Dプリント支援を行い、学校教育におけるプログラミング学習推進事業「総務省 ICTドリームスクール実践モデル プログラミング教育とデジタルものづくり教育の実践」を共同実施いたしました。




[画像1: リンク ]



「総務省 ICTドリームスクール実践モデル プログラミング教育とデジタルものづくり教育の実践」は、Minecraft を活用したプログラミング学習の実証事業です。この実証事業は、「プログラミングを活用した家づくり」をテーマに、渋谷区立猿楽小学校にて 10時限 (45分 x 10回) で行われました。Minecraftと3Dプリント技術を用いることで子どもの強い関心を引き出し、プログラミングやデジタルものづくりの理解と、それら技術の活用による問題解決の学習を目的に実施いたしました。


今回の共同実施事業でカブクは、3Dコンテンツをゲーム上から直接3Dプリントするサービス「Rinkak 3D アバタープリント・ソリューション」を提供、Minecraft内で子どもたちにより作られた学習成果物のフルカラー3Dプリントを実施いたしました。また、用いられた3Dプリント技術や3Dの概念を学ぶ、デジタルものづくり講義も開催いたしました。


Minecraftの特徴を生かしたプログラミング教育による成果物を、実際に手の触れられる3Dプリント作品にすることで、3Dデータと実物の比較検証や立体構造への考察が促進され、実証事業内容の理解を効果的に深めることができました。なお、子どもたちがMinecraft内で作成した作品は、3Dプリント製品のマーケットプレイス「Rinkak」上(リンク)で閲覧できます。


カブクは今後も、「Rinkak 3D アバタープリント・ソリューション」を始めとしたデジタルものづくりソリューションを積極的に活用し、3Dコンテンツプロバイダー様との連携も強化し、あらゆる業界における3D需要を支援してまいります。

[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]



■日本マイクロソフト株式会社について
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト& クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、親しみやすく、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。


■Rinkak 3D アバタープリント・ソリューションについて

[画像4: リンク ]

Rinkak 3D アバタープリント・ソリューション(リンク)を活用することで、3Dコンテンツプロバイダー様は、ゲーム内でカスタマイズした3Dコンテンツを3Dプリントグッズとして製造、販売が行えます。クラウドを通して行えるため、ゲーム開発者様はゲーム内の3Dモデルデータやゲーム開発、アプリサイズに余計なコストを必要とせず、3Dプリント機能を追加することが可能です。販売に必要な決済機能はもちろん、3Dデータ管理・修正・製造、発送の全ての行程をワンストップでご提供。簡単に3Dゲームコンテンツ販売を開始できます。第1弾として、株式会社スクウェア・エニックスの「星のドラゴンクエスト」に提供いたしました。


■株式会社カブクについて

[画像5: リンク ]

株式会社カブク(リンク)はデジタル製造技術をコアテクノロジーとした、 ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービス開発を行っています。「Rinkak Business(リンカクビジネス)(リンク)」では法人のお客様向けに3Dプリント技術のソリューション提供、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポート、 産官学連携による先端技術研究等に携わっています。2014年には電通との業務提携を行い、 トヨタ、 ロフト、 コンランショップ、 カルピス、 フジテレビ、 TBS、 博報堂との協業実績があります。 また、「Rinkak Factory(リンカクファクトリー)(リンク)」では、3Dプリンターで製造する工場向けのクラウド基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)(リンク)」、世界中のお客様から3Dプリンター出力の製造受託できるパートナープログラムを提供しています。さらに、オープンイノベーション型マーケティングインフラとなる唯一の3Dプリントサービス「Rinkak Marketplace(リンカクマーケットプレイス)(リンク)」を提供しています。「Rinkak Marketplace(リンカクマーケットプレイス)」は、 アジアで最大の3Dプリント製品のマーケットプレイスにまで成長しています。

━━ 会社概要 ━━【社 名】 :株式会社カブク(Kabuku Inc.)
【所在地】 :東京都新宿区
【URL】  : リンク
【代表者】 :稲田 雅彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:インターネット関連サービス、 コミュニティ運営、 3DCAD・CG系ソフトウェアプロダクトの研究開発、 プロダクトデザイン・開発、 先端テクノロジーの研究
【リリースに関する問い合わせ先】Email : contact@kabuku.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事