logo

楽天トラベル、2016年ゴールデンウィーク 「家族旅行の人気急上昇エリアランキング」を発表

- ファミリー向けの観光、イベント、アクティビティが充実した 京都、別府温泉、ハウステンボスが上位3位にランクイン -

 旅行予約サイト「楽天トラベル」 ( リンク )は、2016年ゴールデンウィーク(以下、GW)の「家族旅行の人気急上昇エリアランキング」を発表し、1位には京都府の京都駅周辺エリア、2位には大分県の別府市内エリア、3位には長崎県の佐世保・平戸・ハウステンボスエリアが続きました。ランキングは、2016年4月29日(金・祝)~2016年5月8日(日)間の子連れ旅行者の予約人泊数をもとに、伸び率の高い上位10エリアを発表しています。



[画像: リンク ]



【2016年ゴールデンウィーク「家族旅行の人気急上昇エリアランキング」 TOP10】

[表: リンク ]



 1位には京都府の京都駅周辺エリアがランクインしました。京都駅周辺は、京都観光の代名詞ともいえる世界遺産「金閣寺」や全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社である「伏見稲荷大社」など観光スポットへのアクセスに便利なことから、京都観光の拠点として利用が増えています。特にお子様の添い寝無料サービスや朝食ビュッフェ、大浴場設備がある宿への予約が伸びています。

 2位は「おんせん県」大分県から、日本一の源泉数と湧出量を誇る「別府温泉」がある別府市内エリアとなりました。別府温泉は「楽天トラベル」の「年間人気温泉地ランキング」で2014年、2015年と2年連続で全国2位となり人気が高まっています。宿泊先としては施設内で温泉が楽しめるほか、バイキング形式の食事やファミリー向けのイベント、アクティビティの充実した宿が人気です。

 そのほか、GW期間中に家族三世代向けのイベントが開催されるテーマパーク「ハウステンボス」のある長崎県佐世保・平戸・ハウステンボスエリアが3位に、「楽天トラベル」の「2015年夏 人気急上昇離島ランキング」にて伸び率1位となった伊良部島を含む沖縄県宮古島・伊良部島エリアが4位に、「楽天トラベル」の「年間人気温泉地ランキング」で2年連続1位を獲得した「熱海温泉」がある静岡県熱海エリアが5位となりました。

2016年ゴールデンウィーク「家族旅行」に関する調査概要
調査日: 2016年3月7日(月)
調査対象: 子連れ利用の予約人泊数(国内宿泊、ANA楽パック、JAL楽パック、インバウンド)
対象期間: [今年] 2016年4月29日(金・祝)から2016年5月8日(日)、[昨年] 2015年4月29日(水・祝)から2015年5月8日(金)
対象エリア: 2016年度に1,000人泊以上の宿泊予約実績のあるエリア

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。